テキストとして XML コンテンツを挿入

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  SPS ファイル: コンテンツ >

テキストとして XML コンテンツを挿入

対応するスキーマノードをスキーマツリーウィンドウからドラッグし、デザインにてドロップすることで、XML ドキュメント内にあるノードから得られたデータを、デザインに挿入することができます。スキーマノードをデザインにドロップすると、デザインにてこのノードをどのように作成するのか選択するためのメニューが表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。

 

MnuCreateAs

 

スキーマノードの種類

スキーマツリーサイドバーからデザインへドロップすることができるスキーマノードは、(i) 要素ノード、(ii) 属性ノード、(iii) データ型ノードのいずれかになります。

 

コンテンツの挿入ツールバーアイコンを使用する

デザイン要素の挿入 ツールバー アイコンを使用することでも、デザイン内にあるノードのコンテンツを挿入することができます。以下の方法によりコンテンツを挿入することができます:

 

1.コンテンツの挿入アイコンを選択します。
2.コンテンツを挿入するデザイン内の箇所をクリックします。デザイン要素コンテンツを挿入ダイアログが表示されます (下のスクリーンショット)。

 

InsertContentsSelector

 

3.デザイン内における挿入箇所のコンテキストが XPath コンテキストフィールドにて表示されます。コンテンツを作成するノードを選択します。
4.「OK」 をクリックします。コンテンツプレースホルダが作成されます。選択されたノードがコンテキストノードでは無い場合、コンテンツプレースホルダの周りに、選択されたノードへのパスまでのテンプレートタグが作成されます。

 

ノードのテキストコンテンツを出力する

ノードのテキストコンテンツを出力するには、ノードをコンテンツとして作成します。ノードがコンテンツとして作成されると、デザインドキュメントにてノードが以下のように表示されます:

 

SSCreateContents

 

上のスクリーンショットでは、Desc 要素がコンテンツとして作成されました。出力では Desc のテキストコンテンツが表示されます。Desc 要素に BoldItalic といった子要素が含まれる場合、子要素のテキストコンテンツも Desc の一部として出力されます。Desc 要素の属性ノードは子ノードとして見なされないため、属性ノードのコンテンツが Desc コンテンツの一部として出力されることはありません。属性内のコンテンツを処理するには、属性ノードを明示的に挿入する必要があります。

 

CDATA セクション

CDATA セクションが XML ドキュメント内に存在する場合、それらが出力になります。 Authentic View 内では、(メニューコマンド Authentic | マークアップ を使用して)マークアップが切り替えるとタグで表示されます。 Authentic View にて(コンテキストメニューから)ドキュメントを編集することで、CDATA セクションを XML ドキュメント内に挿入することができます。

 

tag_cdata

 

メモ:Authentic View では、CDATA セクションを入力フィールド(テキストボックスならびに複数行のテキストボックス)へ挿入することはできません。Authentic View 内に表示される要素内部にテキストコンテンツコンポーネントとして挿入することはできます。

 

このセクション

このセクションのサブセクションでは、XML コンテンツをテキストとして挿入するときに考慮するべき、その他の事柄について説明します:

 

ノードが挿入された際に、ノードのテキストコンテンツを 定義済みのフォーマットにより直接マークアップ する。
ソーススキーマの構造により、 Authentic View の使用による影響がどのように変化するのか。
ノード内に明示的に含まれていない子孫ノードを処理に含める 次を参照してください:その他のコンテンツ.

 

 

メモ:ノードのコンテンツプレースホルダを削除することで、空のテンプレートルールを作成することができます。空のテンプレートルールを使用することで、処理されない(つまり表示させない)ノードを定義することができます。

 

 

 


(C) 2019 Altova GmbH