スクリプトエディター

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  Authentic スクリプト >

スクリプトエディター

StyleVision のスクリプトエディターでは、SPS のフォーム、マクロ、イベントハンドラーに対するスクリプトを追加することができます。

 

スクリプトエディターはメニューコマンドの「Authentic | Authentic スクリプトの編集」から、またはデザインビュータブのメニュー切り替えスイッチにある Authentic スクリプトアイテムをクリックすることで起動することができます。

 

ScriptingEditorNew

 

以下の方法によりスクリプト言語を変更することができます:

 

1.プロジェクトツリーの上部にあるプロジェクトアイテムを右クリックします(上のスクリーンショットを参照)。
2.コンテキストメニューからプロジェクト設定を選択します。
3.プロジェクト設定ダイアログにて、スクリプト言語として JScript または VBScript を選択し、ターゲットとなる .NET Framework を指定します。選択された Microsoft .NET Framework のクラスや拡張を使用することができるようになり、例えばフォームの作成などを行うことができるようになります。

 

スクリプトエディター とその機能の詳細については、 プログラマーの レファレンスを参照ください。

 

それぞれの SPS には個別のスクリプトプロジェクトが含まれており、プロジェクトは SPS 内部に保存されます。スクリプトエディターにおける保存ボタンをクリックしてもスクリプトプロジェクトが SPS へ保存される訳ではなく、スクリプトプロジェクトに対して行われた変更がメモリ上に保存されるだけとなります。スクリプトプロジェクトに対して行われた変更は、SPS が保存された時にだけ SPS ファイルへ保存されます。

 


(C) 2019 Altova GmbH