Authentic スクリプト

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム > 

Authentic スクリプト

Authentic スクリプトにより、SPS デザインが更に柔軟かつ双方向的に機能するようになります。これらのデザインは StyleVision Enterprise ならびに Professional エディションで作成することができ、Authentic を搭載した Enterprise または Professional エディションの Altova 製品にて閲覧することができます。以下のテーブルでは Altova 製品ごとにサポートされる機能のリストが示されます。Altova Browser Plugin Trusted バージョンはセキュリティー上の観点から内部スクリプトが無効になっていることに注意してください。

 

Altova 製品

Authentic スクリプト の作成

Authentic スクリプト

StyleVision Enterprise

はい

はい

StyleVision Professional

はい

はい

StyleVision Basic *

いいえ

いいえ

XMLSpy Enterprise

いいえ

はい

XMLSpy Professional

いいえ

はい

Authentic Desktop Community

いいえ

いいえ

Authentic Desktop Enterprise

いいえ

はい

Authentic Browser Community **

いいえ

いいえ

Authentic Browser Ent Trusted ***

いいえ

はい

Authentic Browser Ent Untrusted

いいえ

はい

 

*          AuthenticView ビュー無し。

**          Trusted と Untrusted バージョンの両方。

***        スクリプトが存在するのデザインは表示可能。内部マクロの実行やイベントハンドリングは無し。外部イベントのトリガーあります。

 

Authentic スクリプトはすべての Altova 製品で同様の振る舞いをするため、個々の製品に対して特別なコードや設定を指定する必要はありません。

 

Authentic スクリプト警告ダイアログ

PXF ファイルまたは SPS へリンクされた XML ファイルにスクリプトが含まれており、( StyleVision 以外の Altova 製品にて)そのファイルが開かれた状態で Authentic ビューへの切り替えが行われると、警告ダイアログが表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。

 

AuthViewScriptWarning

 

以下にあるオプションを選択することができます:

 

はいをクリックすると、ファイルを含んでいるフォルダーが Authentic スクリプトの信頼された場所リストへ追加されます。今後、信頼されたフォルダー内に含まれるファイルを Authentic ビューで開いても、警告ダイアログは表示されなくなります。信頼された場所のリストへは「Authentic | 信頼された場所」メニューコマンドからアクセスならびに編集することができます。
いいえをクリックすることで、ファイルが含まれているフォルダーを信頼された場所のリストへ追加することなく処理が継続されます。ファイルはスクリプトが無効になった状態で開かれ、ファイルを Authentic ビューで開くたびに Authentic スクリプト警告ウィンドウが表示されます。ファイルが含まれているフォルダーを信頼された場所のリストへ追加するには、「Authentic | 信頼された場所」メニューコマンドから信頼された場所のダイアログを開き、フォルダーを追加ならびに必要に応じて変更することができます。

 

メモ:COM インテーフェースを介した StyleVision へのアクセスを行う場合、セキュリティーのチェックが行われずAuthentic スクリプト警告ダイアログは表示されません(COM インターフェースに関する情報はプログラマーのレファレンス を参照ください)。上記の警告ダイアログは  以外の Authentic View にて表示されます。SPS デザイナーはこの事に留意

 

Authentic スクリプトの使用方法

SPS デザインを作成したデザイナーは、以下に示される2つの方法により Authentic ドキュメントをインタラクティブなものにすることができます:

 

ユーザー定義アクション (マクロ) のためのスクリプトをデザイン要素、ツールバーボタン、とコンテキストメニューアイテムに割り当てます。
Authentic ビューイベントに反応するデザインイベントハンドラーを追加します。

 

Authentic ドキュメントをインタラクティブなものにするために必要な全てのスクリプトは、StyleVision GUI (Enterprise ならびに Professional エディション)内で作成することができます。フォーム、マクロ、イベントハンドラーは StyleVision に搭載されたスクリプトエディターにて作成され、これらのスクリプトは SPS 内に保存されます。その後 StyleVision のデザインビューにて、保存されたスクリプトをデザイン要素、ツールバーボタン、コンテキストメニューに割り当てることになります。SPS をベースにした XML ドキュメントが Authentic スクリプトをサポートする Altova 製品(上のテーブルを参照)により開かれることで、ドキュメントに与えられた柔軟性や双方向性を使用することができるようになります。

 

このセクション

このセクションでは、Authentic スクリプトの使用方法について説明します。以下に示されるサブセクションにより構成されます:

 

スクリプトエディター : SPS に保管されるスクリプトが含まれる、スクリプトプロジェクトのインターフェースについて記述されます。
マクロ : マクロとデザイン要素、Authentic ツールバーボタン、そして Authentic コンテキストメニューを関連付ける方法について記述されます。
イベントハンドラー :イベントハンドラースクリプトの作成と使用について記述されます。
スクリプトオプション:オプションについて記述されます。

 

サンプルファイル

サンプル SPS ファイルは、StyleVision のプロジェクトウィンドウからアクセスすることのできる Examples プロジェクト内の Authentic/Scripting フォルダー以下に収められています。

 


(C) 2019 Altova GmbH