ユーザー宣言パラメーター

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  SPS ファイル: 高度な機能 > パラメーターと変数 >

ユーザー宣言パラメーター

SPS では、ユーザーにより宣言されたパラメーターがデフォルトの文字列値とともにグローバルに使用されます。一旦パラメーターが宣言されると、SPS 内の任意の場所から XPath 条件式により使用することができます。パラメーターのデフォルト値は、 StyleVision Server から XSLT スタイルシートに対して新たなグローバル値を渡すことで、個々の XSLT 変換に対してオーバーライドすることができます。

 

パラメータの使用

ユーザー定義されたパラメーターは、以下の様な状況で使用することができます:

 

特定の値を複数の場所で使用し、複数の計算に対する入力値として使用する: この場合、目的の値をパラメーター値として保存して、必要とされている場所や計算にてパラメーターを使用することができます。
スタイルシートを処理する際に値を渡す: SPS (そしてスタイルシート)では、パラメーターがデフォルトの値とともに使用されます。処理が行われる際に、 StyleVision Server から必要な値をパラメーターに対して渡すことができます。

 

メカニズムの使用方法

ユーザーにより宣言されたパラメーターを SPS にて使用するには以下にある2つのステップを踏む必要があります:

 

1.必要なパラメーターを宣言する
2.宣言されたパラメーターを参照する

 

パラメータの宣言

ユーザーによるパラメーターの宣言と編集はパラメーターの編集ダイアログにて行うことができます(以下のスクリーンショットを参照)。パラメーターの編集ダイアログへは、メニューオプションの「 編集 | スタイルシートのパラメーター 」コマンド と (「編集 | DB フィルターの編集」により表示される)データベースフィルターの編集ダイアログにあるパラメーターボタンからアクセスすることができます。

 

dlg_edit_params1

 

パラメーターの名前とデフォルトの値によりパラメーターの宣言を行います。デフォルトの値を与えない場合、デフォルト値を空にします。

 

以下の操作によりパラメーターを宣言することができます:

 

1.パラメーターの編集ダイアログにある追加または挿入ボタンをクリックすることで、新たなパラメーターを追加または挿入します。新たな行が表示されます。
2.パラメーターの名前を入力します。パラメーター名の最初の文字にはアルファベットを、それ以外では英数字とアンダースコアを使用することができます。
3.パラメーターのデフォルト値を入力します。入力された文字はテキスト文字列として扱われます。

 

新規パラメーターの追加や、既存パラメーターの編集は、SPS  または Authentic View  のどちらかの編集時にいつでも行うことができます。

 

メモ:

 

パラメーターの編集ダイアログには、 SPS にある全てのユーザー定義パラメーターが表示されます。
パラメーターは デザイン概要サイドバーでも宣言することができます。

 

宣言されたパラメーターの参照

XPath 条件式では、パラメーターの前に $ というプレフィックスを配置することで、パラメーターへの参照を行うことができます。例えば、自動計算の XPath 条件式にてパラメーターを参照することができます(例: concat('www.', $company, '.com'))。 作成している SPS が DB をベースにしたものである場合、パラメーターを DB フィルターの条件として使用することができます。DB のパラメーターはパラメータの編集 ダイアログ にて、 宣言ならびに編集されます。

 

宣言されていないパラメーターを参照するとエラーが返されますが、参照されないパラメーターを宣言してもエラーとはなりません。

 


(C) 2019 Altova GmbH