ASPX インターフェイスによる Web アプリケーション

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  SPS ファイル: 追加機能 >

ASPX インターフェイスによる Web アプリケーション

DB または XML データの HTML レポートを SPS により作成する場合、通常 StyleVision では以下のようにレポートの作成が行われます:

 

1.ソースデータが DB の場合、完成された SPS が StyleVision にてアクティブになっている状態で、DB から XML ファイルを生成します(ソースデータが XML ファイルの場合、このステップは必要ありません)。
2.SPS から、XSLT-for-HTML ファイルを生成します。
3.生成された HTML ファイルをサーバー上に配置します。

 

ウェブアプリケーションの場合、ソース(DB または XML)データが修正されることで HTML ファイルが古くなることがあります。ウェブサーバー上の HTML ファイルを更新するには、(i) (DB をベースとしてデータの場合)XML ファイルを再度生成し、(ii) 新たな XML ファイルを XSLT-for-HTML により変換し、(iii) 生成された HTML ファイルをサーバー上へ配置する必要があります。

 

StyleVision では HTML ウェブページを素早く更新するための方法が提供されます。この機能により ASPX アプリケーションを自動的に生成することができ、ASPX アプリケーションファイルに必要な全てのファイル(.aspx ファイル、XSLT ファイル、コードファイル)が StyleVision により生成されます。これらのファイルをソース DB ファイルまたは XML ファイル、そして XSLT-for-HTML とともにサーバー上に配置することで、ウェブインターフェースファイルの .aspx ファイルが更新される度に、(i) (DB をベースとしたデータの場合)DB から新たな XML ファイルが生成され、(ii) サーバー上にある XSLT-for-HTML ファイルにより XML ファイルが変換され、(iii) 変換の出力がウェブインターフェースページに表示されます。これにより、最新の DB または XML データがウェブインターフェースページに表示されます。

 

ASPX ソリューションのファイルを生成する

DB ベースの SPS または XML ベースの SPS が作成された後には、以下の操作により ASPX ソリューションを作成することができます:

 

1.StyleVision にて SPS ファイルがアクティブになっている場合、メニューコマンドの「ファイル | ウェブデザイン | ASPX ウェブアプリケーションを生成」を選択することで、ASPX ファイルを生成することができます。ASPX アプリケーションファイルが指定されたフォルダーに作成されます。ASPX アプリケーションが生成されたフォルダーには、少なくとも以下のファイルが含まれます:

 

Readme.doc
SPSFilename.aspx
SPSFilename.xslt
SPSFilename.cs

 

2.DB ファイルまたは XML ファイルを、ASPX アプリケーションが配置されているサーバー上のフォルダーに配置します。.aspx ファイルがアプリケーションのエントリーポイントになります。このファイルが再度読み込まれた場合、表示される DB または XML のデータも更新されます。

 

メモ:XSLT 変換を正しく行うには、Altova の AltovaXML アプリケーション をインストールする必要があります。変換を行う際に問題が発生する場合、AltovaXML のセットアップ方オフが記述されている ReadMe.doc ファイルを参照ください。

 

動作方法

ASPX アプリケーションを生成したフォルダーには、その他のファイルとともに以下のファイルが含まれます:

 

Readme.doc
SPSFilename.aspx
SPSFilename.xslt
SPSFilename.cs

 

SPSFilename.aspx が出力ドキュメントの URL となります。SPSFilename.aspx により、SPSFilename.cs. に含まれている C# コードが実行され、この C# コードにより(ファイル、または DB から取得された)XML コンテンツが読み取られ、SPSFilename.xslt ファイルとともに AltovaXML へ渡されます(AltovaXML は Altova の XSLT 変換エンジンで、Altova ウェブサイトからダウンロードすることができます)。AltovaXML により、与えられた XSLT ファイルを使った XML コンテンツの変換が行われます。変換により HTML ドキュメントが作成され、ウェブアプリケーションを介してブラウザーに表示されます。例えば DB に対する変更などにより XML のコンテンツが変更されると、SPSFilename.aspx の表示(またはブラウザー内に表示されているページの更新)を行うことで、最新のデータがデータベースや XML ファイルから取得され、ドキュメントのレンダリングが行われます。

 

 


(C) 2019 Altova GmbH