基本のイベントハンドリング

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  プログラマーの レファレンス > ActiveX Integration > ActiveX 統合のサンプル > Java >

基本のイベントハンドリング

下のコードリストは、基本のイベントの処理方法について表示しています。StyleVisionControl の open メソッド、または、メニュー または プロジェクトツリーを使用してファイルを開こうとすると、 onOpenedOrFocused イベントは、アタッチ済みの イベントハンドラーに送信されます。このイベントのための基本の処理により、StyleVisionDocumentControl の open メソッドを呼び出すことによりファイルを開きます。

 

 

01       // Open the PXF file when button is pressed

02       btnOpenPxf.addActionListener( new ActionListener() {

03         public void actionPerformed(ActionEvent e) {

04           try {

05             styleVisionControl.open( strExamplesFolder + "OrgChart.pxf" );

06           } catch (AutomationException e1) {

07             e1.printStackTrace();

08           }

09         }

10       } );

11       public void onOpenedOrFocused( String i_strFileName, boolean i_bOpenWithThisControl, boolean i_bFileAlreadyOpened ) throws AutomationException

12   {

13     // Handle the New/Open events coming from the Project tree or from the menus

14     if ( !i_bFileAlreadyOpened )

15     {

16       // This is basically an SDI interface, so open the file in the already existing document control

17       try {

18         StyleVisionContainer.initStyleVisionDocument();

19         StyleVisionContainer.styleVisionDocument.open( i_strFileName );

20       } catch (Exception e) {

21         e.printStackTrace();

22       }

23     }

24   }

 


(C) 2019 Altova GmbH