ヘルパーウィンドウのためにプレースホルダを作成する

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  プログラマーの レファレンス > ActiveX Integration > ActiveX 統合のサンプル > HTML > ドキュメントレベルの HTML 統合 >

ヘルパーウィンドウのためにプレースホルダを作成する

HTML OBJECT タグは、異なる StyleVision ヘルパーウィンドウをホストすることのできる StyleVisionControlPlaceHolder ActiveX コントロールをインスタンス化するために使用されます。最初から、ヘルパーウィンドウは表示されません。 サンプルファイルを参照してください。

 

<OBJECT id="objEHWindow"

       Classid="clsid:E6ECBA9C-0E01-4FD5-98C3-C08B3D4824BC"

       width="200"

       height="200"

       VIEWASTEXT>

         <PARAM name="PlaceholderWindowID" value="-1">

</OBJECT>

 

 

3つのボタンにより表示される実際のウィンドウを切り替えることができます。 JavaScript 実行ボタンをクリックすることにより、プロパティ PlaceHolderWindowID を定義されている対応する値に設定します。

 

<input type="button" value="New File" onclick="BtnNewFile(objDoc1)">

<input type="button" value="Open file" onclick="BtnOpenFile(objDoc1)">

<input type="button" value="Save File" onclick="BtnSaveFile(objDoc1)">

<input type="button" value="Open project" onclick="BtnOpenProject(objDoc1)">

<input type="button" value="Save project" onclick="BtnSaveProject()">

<input type="button" value="Close project" onclick="BtnCloseProject()">

 


(C) 2019 Altova GmbH