Altova グローバルリソース

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  SPS ファイル: 追加機能 >

Altova グローバルリソース

Altova グローバルリソースはファイル、フォルダー、そしてデータベースリソースのエイリアス集合のことです。各エイリアスは複数の構成を持ち、各構成を1つのリソースにマッピングすることができます (下のスクリーンショット参照)。 そのため、グローバルリソースを入力として使用することで、グローバルリソースを構成とともに切り替えることができます。この操作は、アクティブな構成を選択することのできる GUI 上で簡単に行うことができます。 例えば、XML ドキュメントを変換する XSLT スタイルシートがグローバルリソース (エイリアス) により割り当てられている場合、このグローバルリソースに対して複数の構成を作成し、各構成が異なる XSLT ファイルを指すようにすることができます。このようにグローバルリソースを設定すると、構成を切り替えることで変換に使用される XSLT ファイルを変更することができます。

AltovaGlobalResConfigs

グローバルリソースは Altova 製品内部におけるリソースの切り替えだけでなく、他の Altova 製品から生成、使用されるリソースに対しても使用することができます。そのため、1つの Altova 製品から他の Altova 製品で使用されるファイルを一括して生成することができます。このような機能により、開発ならびにテストスピードが飛躍的に向上します。 例えば、 MapForce のマッピングにより XML ファイルを生成し、そのファイルを StyleVision の SPS 作業用 XML ファイルとして使用することができます。

 

Altova グローバルリソースの使用には、 2 つのステップがあります:

 

グローバル リソースの定義: XML ファイルによりリソースが定義されます。これらのリソースは複数の Altova 製品間で共有することができます。
グローバルリソースの使用: StyleVision 内部ではファイルパスの代わりにグローバルリソースによりファイルを指定することができます。 グローバルリソースを使用すると、 StyleVision にてアクティブな構成を切り替えることで、使用するリソースを簡単に変更することができるようになります。

 

その他の Altova 製品におけるグローバルリソース

現在のところ、以下の Altova 製品でグローバルリソースを使用することができます: XMLSpy、 StyleVision、 MapForce、 Authentic Desktop、 MobileTogether Designer および DatabaseSpy。

 


(C) 2019 Altova GmbH