XML 署名

www.altova.com このトピックを印刷 1つ上のレベル

ホーム > 

XML 署名

Authentic View のために構成された XML 署名を使用して SPS をデザインすることができます。XML 署名が SPS 内で有効化された場合、 Authentic View ユーザーは有効化された署名を使用して Authentic XML ファイルを電子的に署名することができます。ドキュメントの署名後、変更を加えると署名の検証は失敗します。 署名された Authentic XML ドキュメントが Altova 製品内の Authentic View で開かれると、ドキュメントの検証プロセスが実行され、検証の結果はウィンドウ内に表示されます。

 

メモ:次のAltova 製品の Enterprise と Professional の Authentic View 内で XML 署名を使用し、検証することができます: Authentic Desktop、Authentic Browser、XMLSpy、と StyleVision。

 

XML 署名アクション

次の署名のための Authentic View ユーザー アクションを使用することができます:

 

証明書/パスワードの選択: 署名は、証明書、または、パスワードで認証されます。 署名が作成され、検証される際に認証オブジェクト (証明書、または、パスワード) が必要とされます。Authentic XML ドキュメントが署名が有効化されている SPS を割り当てられているかにより、デフォルトの証明書、または、署名のパスワードを指定する場合があります。 デフォルトの証明書、または、パスワードが指定されているかにより、 Authentic View ユーザーが自身の証明書とパスワードを選択できるかを決定する署名を構成することができます。XML 署名ダイアログ内でこの操作を行うことができます (下のスクリーンショット)。自身の証明書及びパスワードの選択はデフォルトの証明書とパスワードをオーバーライドします。 自身の証明書とパスワードはメモリ内に保管され、現在のセッションで使用することができます。自身の証明書とパスワードの選択の後、ファイルまたはアプリケーションを閉じます。 SPS は証明書とパスワードのためのデフォルトの設定に戻ります。

 

ドキュメントの署名: Authentic XML ドキュメントを自動的に、または、手動で署名することができます。自動署名は、 SPS デザイナーにより署名の構成内で指定することができ、保存されると Authentic XML ドキュメントが自動的に署名されます。自動署名が有効化されていない場合、ドキュメントを手動で署名することができます。 XML 署名 ツールバーアイコン) すべてのBtnXMLSignature、または、 「Authentic |  XML 署名 コマンドをクリックすると、XML 署名 ダイアログがポップアップされるので、(上のスクリーンショット) ドキュメントの署名 ボタンをクリックします。埋め込まれた署名を使用したドキュメントの署名はスキーマにルート (ドキュメント) 要素の最後の子要素として署名要素を許可するように要求します。 ドキュメントを署名する場合、 認証オブジェクトと署名の配置は署名の構成に従い決定されます。認証情報にアクセスできることを確認してください。詳細に関しては、SPS デザイナーに確認してください。

 

Authentic XML ドキュメントの検証: SPS のために XML 署名が有効化されていると、検証プロセスは Authentic View XML ドキュメントがロードされる都度、各署名に対して行われます。 パスワード、または、証明書 キー 情報が SPS と署名と保存されていない場合、 Authentic View ユーザーはパスワードを入力、および、検証のための証明書を選択するようにプロンプトされます。 XML ファイルと共に保存しない場合、埋め込まれた署名が生成されると、 XML ファイルが保存される際に XML ファイルと共に保存されます。 (XML 署名ダイアログの「署名を削除」 ボタンを使用して)生成された署名は明示的に削除される必要があります 同様に、デタッチされた署名が生成されると、必要では内場合、明示的に削除されます。

 

 


(C) 2019 Altova GmbH