DB テーブルの変更

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  Authentic View > Authentic View 内で編集する > DB の編集  >

DB テーブルの変更

レコードを追加する方法

DB テーブルにレコードを追加する方法:

1.(行を追加するために)DB テーブル行 ic_tblrow_append アイコン内にカーソルを置き 、または、(行を入力するために) ic_tblrow_insert アイコン をクリックします。これにより一時的な XML ファイル内に新規のレコードが作成されます。
2.「ファイル | Authentic XML データを保存する...」 コマンドをクリックして、DB に新規のレコードを追加します。 Authentic View 内では、新規のレコード内の行が DB テーブルに追加されます。このレコードのために AltovaRowStatusA (追加済み)に設定されます。

 

新規のレコードのためのデータを入力すると、太字と下線と共に入力されます。 これにより、既存のレコードとレコードを区別することができます。 既存の レコードがテキストのフォーマット プロパティを使用して書式設定されていない場合、赤字で表示されているデータ型エラーがフラグされます。

 

「ファイル | Authentic XML データを保存する...」をクリックして新規のレコードは DB に追加されます。 新規のレコードが DB 保存されると( --- により示された) AltovaRowStatus フィールドが初期化され、 Authentic View 内で通常のレコードとしてレコードが表示されます。

 

レコードを変更する方法

レコードを変更するには、必要に応じて DB テーブル内の必要とされる箇所にカーソルを置き、レコードを編集します。表示されるレコードの数量は制限され、必要とされるレコードをナビゲートする必要がある可能性があります (次を参照してください: DB テーブルのナビゲート)。

 

レコードを変更すると、レコードの全てのフィールド内のエントリに下線が引かれ、このレコードのすべての プライマリインスタンスの AltovaRowStatus  は U (更新済み)に設定されます。 AltovaRowStatus を持つこのレコードのすべての セカンダリインスタンスは u (小文字) に設定されます。レコードのプライマリとセカンダリインスタンスは DB の構造と生成された XML スキーマに従い定義されます。例えば、Address テーブルが Customer テーブルに含まれる場合、 Address テーブルはインスタンス化の2つの型内のドキュメントのデザイン内で発生することができます: これは Address テーブル自身が Customer テーブルのインスタンス化内に存在するためです。 これらの2つの型の片方が変更されると最初に変更される型になります。他の種類としては、1つ以上の他の型とセカンダリ型が存在する場合があります。 データ型エラーは赤い色で表示されフラグされます。

 

「ファイル | Authentic XML データを保存する...」をクリックして変更は DB に保存されます。変更されたレコードが DB に保存されると、( --- により示された) AltovaRowStatus フィールドが初期化され、 Authentic View 内で通常のレコードとしてレコードが表示されます。

 

メモ:

 

Authentic View  内のレコードの単一のフィールドが変更され、データが DB に保存されると、レコード全体が更新されます。
日付 値 0001-01-01 が一部の DB ために NULL 値として定義されます。エラーメッセージが発生する場合があります。

 

 

レコードを削除する方法

 

レコードの削除の方法:

1.削除するレコード内にカーソルを置いて、 ic_tblrow_delete アイコンをクリックします。 削除されるレコードは取り消し線と共にマークされます。 AltovaRowStatus は以下のとおりです: レコードのプライマリインスタンスは D に設定され、セカンダリインスタンスは d に設定され、間接的に削除されるレコードは X に設定されます。間接的に削除されるレコードは個別のテーブル内に保管された削除されたレコード内のフィールドです。例えば、Address テーブルが Customer テーブルに含まれる場合があります。Customer レコード が削除される場合、対応する Address レコードが直接削除されます。Customer テーブル内の Address レコードが削除された場合、 Customer テーブル名の Address レコードが主に削除されますが、インスタンス化されている場合、独立した Address テーブル内の 同じレコードが2番目に削除されます。
2.「ファイル | Authentic XML データを保存する...」 をクリックして変更を DB に保存します。

 

メモ: DB にデータを保存することは、元に戻すコマンドをリセットします。このため、保存前に行われたアクションを元に戻すことはできません。

 


(C) 2019 Altova GmbH