このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

非-XDT セグメントとシナリオのテンプレートは、 デザインビュー コンテキストメニューの XBRL 要素の挿入 コマンドを使用して作成することができます。 オープンモードではテンプレートは、空のテンプレートとして作成されます。テンプレートのコンテキストメニューのテンプレートの振る舞い | クローズモード コマンドを使用して、クローズモードに切り替えることができます。

 

非-XDT コンポーネントテンプレート (セグメントまたはシナリオ) を以下のように使用することができます:

 

非-XDT コンポーネントテンプレートのコンテンツは、 アスペクトの値のテンプレート 無次元 要素 (下のスクリーンショット内の最初のテンプレート ) または XML ノードテンプレートを使用して返されます。

下のスクリーンショットの3番目のテンプレートは、非-XDT テンプレート内で定義されている無次元データに含まれる全てのファクトを選択します。

 

XBRLClosedModeNonXDTSegmentTemplates

 

(C) 2019 Altova GmbH