識別子

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  SPS ファイル と XBRL > XBRL テンプレート >

識別子

識別子アスペクト

識別子テンプレートは、反復します:

 

(オープンモードでは) XBRL identifier 要素は、 XBRL インスタンス内に存在します。identifier 要素は、xbrli:context 要素内で発生します。
(クローズモードでは) XBRL インスタンス内で発生する識別子に関係のない単一の識別子です。

 

識別子テンプレートは、次のタグで表示されます:

 

XBRLIdentifierTemplateTags

 

デザインに識別子テンプレートを挿入すると、 空のテンプレートとして作成されます。 以下を行うことができます:

 

識別子のアスペクト(値とスキーム)を反復し値を返す : オープン または クローズモード 識別子テンプレートは、識別子テンプレートのコンテンツとして指定されている、識別子アスペクト(値、スキーム) の値を反復します。
ファクトの選択:選択された識別子のプロパティに一致するファクトを選択するためにオープン、または、クローズドモード識別子テンプレートを使用することができます。

 

XBRLIdentifierTemplates

 

識別子 値

次の 識別子アスペクトのためのアスペクトの値テンプレートは、対応する XBRL 要素の挿入 コマンドを使用して挿入することができます:

 

XBRL ノード

コマンド

@scheme

識別子 スキーム

text()

識別子 テキスト値

 


(C) 2019 Altova GmbH