このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

次元アスペクト

明示的な/型指定されたディメンションのテンプレートは、次元に対応する要素をスキーマツリーからデザインにドラッグして作成し、要素を次元テンプレートとして作成します。 次元 テンプレート反復します:

 

(オープンモードでは) XBRL 次元 要素は、XBRL インスタンス内に存在します。

(クローズモードでは) 単一の与えられた次元です。

 

デザインに明示的な、または、型指定されたディメンション テンプレートを挿入すると、 空のテンプレートとして作成されます。 以下を行うことができます:

 

(明示的な次元の)ドメイン  または (型指定されたディメンションの)型指定された要素 を反復し、対応するアスペクト 値を返します: オープンまたはクローズモード 次元 テンプレートは次元を反復します。次元 テンプレート内の(次元 QName、 Explicit 値 QName、 型指定された 要素などの)アスペクトの値テンプレートは、適切なアスペクト値を返します。 下のスクリーンショット内の最初のテンプレートは、 アスペクトの値テンプレートを含む明示的なディメンション テンプレート を示しています。

ファクトの選択:選択された次元のプロパティに一致するコンセプトを選択するためにオープン、または、クローズドモード次元 テンプレートを使用することができます。 下のスクリーンショットの2番目の テンプレートは、 コンセプトを選択する 明示的なディメンション テンプレートを示しています。

 

XBRLClosedModeExpDimTemplates

 

次元値

次の次元アスペクトのためのアスペクトの値テンプレートを対応する XBRL 要素の挿入 コマンドを使用して挿入することができます:

 

次元

アスペクトの値のテンプレート

Explicit

次元 QName

Explicit

明示的な 値 QName

Typed

次元 QName

Typed

型指定されたディメンション 要素

 

(C) 2019 Altova GmbH