このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

型指定されたディメンション テンプレートのコンテキストメニューのテンプレートの振る舞い | クローズモード コマンドをクリックすると型指定されたディメンションプロパティ ダイアログ (左下のスクリーンショット )が表示されます。

 

XBRLClosedModeTypDim     XBRLTypDimSchemaTree

 

ダイアログにより、テンプレートが反復する型指定されたディメンションの型付けされた要素を指定することができます。型指定されたディメンションの QName を最初に入力します (左下のスクリーンショット参照 )、そして、 XBRL インスタンス ドキュメント内で表示される順序に、開始と終了タグを含む型付けされた要素を入力します。右上のスクリーンショットは、タクソノミ構造内の型指定されたディメンションを表示しています。テンプレートタグ内のディメンション QName を表示するために、 QName オプションの表示をチェックします。 QName は、かっこ内に表示されます (下のスクリーンショット内の2番目の型指定されたディメンション テンプレート を参照してください).

 

XBRLClosedModeTypDimTemplates

 

上のスクリーンショットは、3つのクローズドモード 型指定されたディメンション テンプレートを表示しています。

 

最初の テンプレートには、2つのアスペクトの値テンプレートが含まれています  (コンテキストメニューコマンド XBRL 要素の挿入 | ディメンション QNameXBRL 要素の挿入 | 型指定されたディメンション要素 を使用して挿入されます)。

2番目の テンプレートでは、 XML ノードテンプレートは、 XBRL オブジェクトを XML 要素に変換し、要素のコンテンツを返します。

3番目のテンプレートは、型指定されたディメンション テンプレート内で定義されている型付けされている要素を持つ、全ての Concept1ForAge コンセプトを選択します。  コンセプトテンプレート内のアイテムテンプレートは、 コンセプトを返します。

 

(C) 2019 Altova GmbH