このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

非-XDT セグメント プロパティ ダイアログ (下のスクリーンショット) と 非-XDT シナリオ プロパティ ダイアログは、非-XDT コンポーネントテンプレートのコンテキストメニューのテンプレートの振る舞い | クローズモード コマンドをクリックすると表示されます。 非-XDT セグメントのためのダイアログと非-XDT シナリオは、類似しています。

 

XBRLClosedModeNonXDTSegment

 

アイテムテンプレートにより処理される制約を設定するために使用するダイアログにより追加する 無次元, XML データを指定することができます。  非-XDT コンポーネントテンプレート (セグメントまたはシナリオ) は以下のように使用することができます:

 

非-XDT コンポーネントテンプレートのコンテンツは、アスペクトの値のテンプレート 無次元 要素 (下のスクリーンショット内の最初のテンプレート) または、 XML ノードテンプレートを使用して返すことができます。

下のスクリーンショットの3番目のテンプレートは、非-XDT テンプレート内で定義された無次元データを含むすべてのファクトを選択します。

 

XBRLClosedModeNonXDTSegmentTemplates

 

(C) 2019 Altova GmbH