生成されたファイル

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  使用方法の概要 >

生成されたファイル

StyleVision では、「ファイル | 生成されたファイルの保存」 コマンドまたは StyleVision Server を使用し、 XSLT スタイルシート と出力ファイルを生成することができます。 または、  XML を XSLT を使用して検証、または、変換するには、 RaptorXML(+XBRL) Server を使用して行うことすることができます。

 

 

StyleVision からは以下のファイルを生成することができます:

 

SPS デザインをベースにした XSLT スタイルシート。 個別の XSLT スタイルシートは、 HTML、RTF、PDF、Word 2007+ 出力のために生成されます。
作業用 XML ファイル を処理して生成されるファイルは、 SPS から生成された XSLT スタイルシート を使用して SPS 内で割り当てられます。

 

出力のマークアップは SPS 内部に含まれています。出力に使用されるデータは XML ドキュメントまたは DB 内部に収められています。マークアップとデータは、XSLT スタイルシートにより結び付けられます。StyleVision の出力ビューでは、XSLT スタイルシートと実際の出力の両方をプレビューすることができます。

 

メモ:SPS や、SPS から生成された XSLT スタイルシートに名前空間を追加する場合、SPS がベースとしている XML スキーマのトップレベルにある schema 要素にて名前空間を追加する必要があります。

 

Altova Web サイト: AltovaWebLink XML レポート

 

 


 

 

生成されたドキュメントに関する重要なポイントを以下に示します:

 

HTML 出力とスタイルシート: (1) 生成された HTML ドキュメントのフォーマットとレイアウトは、 StyleVision 内部で確認することのできる そして XML ドキュメントを Authentic View で表示したものとほぼ同一のものになります。(2) HTML ファイル内のデータ入力デバイス(テキスト入力フィールドやチェックボックスなど)では入力が受け付けられることはありません。これらデータ入力デバイスは、Authentic View にて XML データの入力を行うためのもので、HTML フォーマットでも同じように表示されはするものの、データ入力のために使用することはできません。

 

RTF 出力とスタイルシート: (1) RTF デザインには印刷媒体にて使用される要件を定義する必要があります。これら(例えば表紙のデザインや左/右余白などの)指定は、 プロパティ サイドバーデザインツリー サイドバー にて行うことができます。これらのデザイン要件は、RTF や PDF (XSL-FO)、Word 2007+ 出力で使用されるという点に留意してください。 (2) データ入力デバイスが SPS にて使用される場合、これらデバイスは出来る限り RTF ページでもレンダリングされます。(例えばチェックボックスなど)データ入力デバイスを視覚的に表示しにくい場合、代替表示が使用されます。

 

PDF 出力 と FO のためのスタイルシート: (1) ドキュメントを印刷媒体にレンダリングするには、左/右余白やヘッダーならびにフッターの位置、表紙のデザインといった特殊な要件を指定する必要があります。目的のドキュメントに合わせてこのような機能を( プロパティ サイドバーデザインツリー サイドバーにて)定義して、これらを XSL-FO に対応した XSLT スタイルシートへ含めることができます。印刷媒体に対するこれらのデザイン要件は、PDF (XSL-FO) だけではなく、RTF や Word 2007+ に対しても使用される点に留意してください。(2) データ入力デバイスが SPS にて使用される場合、これらデバイスは出来る限り PDF ページでもレンダリングされます。(例えばチェックボックスなど)データ入力デバイスを視覚的に表示しにくい場合、代替表示が使用されます。

 

Word 2007+ 出力とスタイルシート: プロパティ サイドバーデザインツリー サイドバー を使用することで、余白やヘッダー/フッター、そして表紙といった印刷媒体特有の項目を指定することができます。これらの項目は XSLT スタイルシートならびに Word 2007+ にも含まれることになります。印刷媒体に対するデザイン要件は Word 2007+ 出力だけではなく、PDF (XSL-FO) や RTF 出力に対しても使用される点に留意してください。

 

RTF 出力

XML ドキュメントを SPS から生成された XSLT-for-RTF ファイルにより処理することで、ワンステップで XML ファイルから RTF 出力を生成することができます。RTF 出力のプロパティは SPS にて定義され、出力は RTF プレビューウィンドウにて確認することができます。RTF ファイルの保存を行うには、 「ファイル | 生成されたファイルの保存」 または StyleVision Server を使って生成を行う必要があります。

 

メモ:埋込型のプレビューに問題がある場合、StyleVision はプレビュードキュメントを外部アプリケーション(通常 Microsoft Word または Adobe Reader)にて開くように試みます。埋込型のプレビューに対するエラーメッセージが StyleVision にて表示されます。プレビュードキュメントが外部アプリケーションにて開かれた場合、一時出力ドキュメントを再度生成する前に、外部アプリケーションを終了する必要があります。外部アプリケーションにてドキュメントが開かれている場合、ファイルが他のプロセスにて使われているというエラーメッセージが表示されます。外部アプリケーションによりファイルがロックされるため、SPS デザインを閉じる前に外部アプリケーションを閉じる必要もあります。

 

 

 

PDF 出力

XML ファイルから PDF 出力を生成するには2つのステップを踏むことになります:

 

1.XSLT 変換により、XML ファイルを XSL-FO ファイル(FO ファイル)へ変換します。変換処理を行なっている際に、ページシーケンスやページのレイアウトプロパティが追加され、コンテンツとは別に FO ファイル内部にこれら情報が与えられます。
2.FO ファイルが FO プロセッサーにより処理され、PDF ファイルが生成されます。

 

XSLT-for-FO ならびに PDF 出力は PDF プレビュータブで確認することができます。XSLT-for-FO、FO ドキュメント、そして PDF ドキュメントの生成は、 「ファイル | 生成されたファイルの保存」 または StyleVision Server を使用することができます。FO ドキュメントの生成は、 RaptorXML を使っても行うことができます。

 

メモ:埋込型のプレビューに問題がある場合、StyleVision はプレビュードキュメントを外部アプリケーション(通常 Microsoft Word または Adobe Reader)にて開くように試みます。埋込型のプレビューに対するエラーメッセージが StyleVision にて表示されます。プレビュードキュメントが外部アプリケーションにて開かれた場合、一時出力ドキュメントを再度生成する前に、外部アプリケーションを終了する必要があります。外部アプリケーションにてドキュメントが開かれている場合、ファイルが他のプロセスにて使われているというエラーメッセージが表示されます。外部アプリケーションによりファイルがロックされるため、SPS デザインを閉じる前に外部アプリケーションを閉じる必要もあります。

 

 

Word 2007+ 出力

XML ドキュメントを SPS から生成された XSLT-for-Word2007+ ファイルで処理することにより、シングルステップで Word 2007+ 出力は生成されます。Word 2007+ 出力のプロパティは SPS にて定義されており、Word 2007+ プレビューウィンドウにて出力の確認を行うことができます。Word 2007+ を保存するには、(「ファイル | 生成されたファイルの保存」 または StyleVision Server を使用することができます。

 

メモ:埋込型のプレビューに問題がある場合、StyleVision はプレビュードキュメントを外部アプリケーション(通常 Microsoft Word または Adobe Reader)にて開くように試みます。埋込型のプレビューに対するエラーメッセージが StyleVision にて表示されます。プレビュードキュメントが外部アプリケーションにて開かれた場合、一時出力ドキュメントを再度生成する前に、外部アプリケーションを終了する必要があります。外部アプリケーションにてドキュメントが開かれている場合、ファイルが他のプロセスにて使われているというエラーメッセージが表示されます。外部アプリケーションによりファイルがロックされるため、SPS デザインを閉じる前に外部アプリケーションを閉じる必要もあります。

 

 

 

 


(C) 2019 Altova GmbH