このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

ic_bullets

 

[リストの挿入] コマンドにより、静的または動的なリストを作成することができます。静的なリストのリスト アイテムが SPS に入力され、動的なリストのアイテムが XML ドキュメントの兄弟ノードから得られます。

 

 

以下の操作によりリストを作成します:

 

1.リストを挿入する箇所にカーソルを配置して、[リストの挿入] コマンドを選択します。静的または動的なリストを作成するためのダイアログが表示されます (以下のスクリーンショットを参照)。

 

DlgList

 

[静的なリスト] をクリックすると、ステップ 3 にあるリストの種類を選択するダイアログが表示されます。[動的なリスト] をクリックすると、XPath セレクター ダイアログが表示されます。

2.XPath セレクター ダイアログでは、XPath コンテキストが挿入位置のコンテキストとなっており、このダイアログでは変更できないことに注目してください。動的なリストとして作成されるノードを選択してください。下のスクリーンショットでは、n1:Department がコンテキスト ノードとなっており、n1:Person ノードがリストとして作成されるノードとして選択されています。これにより、n1:Person ノードのコンテンツがリストのアイテムとして作成されます。

 

DlgXPathSelector

 

ユーザー定義 XPath オプションを選択した場合、動的なテーブルとして作成されるノードを選択する XPath 条件式を入力します。[OK] をクリックすることで、次のステップで説明されるリストのダイアログが表示されます。

3.リスト ダイアログにて、作成するリストの種類を選択します。複数種類の箇条書きマークと、番号を選択することができます。[OK] をクリックすると、選択されたアイテムのマークとともにリストが作成されます。

 

dlg_bullets_numbering

 

 

メモ:リストを挿入する箇所にカーソルが配置されている状態で、デザイン要素の挿入 ツールバーにある [箇条書きリストを挿入] アイコンをクリックすることでも、静的なリストを作成することができます。スキーマ ツリーにあるノードをデザイン上へドラッグすることでも、動的なリストを作成することができます。

 

 

 

(C) 2019 Altova GmbH