このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2021 Enterprise Edition

[生成されたファイルの保存] コマンドにあるサブメニューには、以下のファイルを保存するためのオプションが含まれています (以下のスクリーンショットを参照)。生成されたファイルの利用方法については、使用方法 | 生成されたファイルを参照ください。

 

mnu_save_gen_files

 

生成された XSLT-HTML ファイルの保存

[生成された XSLT-HTML ファイルの保存] コマンドにより、 から HTML 出力を行う XSLT ファイルが生成されます。この XSLT ファイルにより、XML ドキュメントから HTML への変換を行うことができます。

 

生成された HTML ファイルの保存

[生成された HTML ファイルの保存] コマンドにより、HTML ファイルが生成されます。デザインにて複数の ドキュメントの出力 が指定されている場合、複数の HTML ファイルが生成されます。この操作には 2 つの入力ファイルが必要になります:

 

現在アクティブな SPS ファイルに割り当てられた作業用 XML ファイル。作業用 XML ファイルが割り当てられていない場合、[生成された HTML ファイルの保存] コマンドは選択不可能になります。 DB をベースにした SPS の場合、自動的に生成される編集不可能な XML ファイルが作業用 XML ファイルとなり、作業用 XML ファイルは手動で割り当てられません (次を参照:DB スキーマと DB XML ファイルを参照ください)。

現在アクティブな SPS ファイルから自動的に生成される XSLT ファイル。

 

生成された XSLT-RTF ファイルの保存

[生成された XSLT-RTF ファイルの保存] コマンドにより、 から RTF 出力を行う XSLT ファイルが生成されます。この XSLT ファイルにより、XML ドキュメントから RTF への変換を行うことができます。

 

生成された RTF ファイルの保存

[生成された RTF ファイルの保存] コマンドにより RTF ファイルが生成されます。デザインにて複数の ドキュメントの出力 が指定されている場合、複数の RTF ファイルが生成されます。この操作には 2 つの入力ファイルが必要になります:

 

現在アクティブな SPS ファイルに割り当てられた作業用 XML ファイル。作業用 XML ファイルが割り当てられていない場合、コマンドが選択不可能になります。DB をベースにした SPS の場合、自動的に生成される編集不可能な XML ファイルが作業用 XML ファイルとなり、作業用 XML ファイルは手動で割り当てられません ( (次を参照:DB スキーマと DB XML ファイルを参照ください)。

現在アクティブな SPS ファイルから自動的に生成される XSLT ファイル。

 

生成された XSLT-FO ファイルの保存

[生成された XSLT-FO ファイルの保存] コマンドにより、SPS から XSLT-for-FO (XSL-FO) ファイルが生成されます。この XSL-FO ファイルにより、XML ドキュメントから FO ドキュメントへの変換を行うことができます。

 

生成された FO ファイルの保存

[生成された FO ファイルの保存] コマンドにより、FO ファイルが生成されます。この操作には 2 つの入力ファイルが必要になります:

 

現在アクティブな SPS ファイルに割り当てられた作業用 XML ファイル。作業用 XML ファイルが割り当てられていない場合、XML ファイルがロードできない旨のエラー メッセージが表示されます。DB をベースにした SPS の場合、自動的に生成される編集不可能な XML ファイルが作業用 XML ファイルとなり、作業用 XML ファイルは手動で割り当てられません (DB スキーマと DB XML ファイルを参照ください)。

現在アクティブな SPS ファイルから自動的に生成される XSLT-for-FO ファイル。

 

生成された PDF ファイルの保存

[生成された PDF ファイルの保存] コマンドにより PDF ファイルが生成されます。デザインにて 複数の ドキュメントの出力 が指定されている場合、複数の PDF ファイルが生成されます。以下の入力と設定が必要になります:

 

現在アクティブな SPS ファイルに割り当てられた作業用 XML ファイル。作業用 XML ファイルが割り当てられていない場合、XML ファイルがロードできない旨のエラー メッセージが表示されます。DB をベースにした SPS の場合、自動的に生成される編集不可能な XML ファイルが作業用 XML ファイルとなり、作業用 XML ファイルは手動で割り当てられません (DB スキーマと DB XML ファイルを参照ください)。

現在開かれている SPS ファイルから生成される XSLT-for-FO ファイル。

FO プロセッサーへのパスをオプション ダイアログ ([ツール | オプション]) の XSL-FO タブでセットする必要があります。

 

生成された XSLT-Word 2007+ ファイルの保存

[生成された XSLT-Word 2007+ ファイルの保存] コマンドにより、SPS ファイルから Word 2007+ 出力を行う XSLT ファイルが生成されます。この XSLT ファイルにより、XML ドキュメントから Word 2007+ ドキュメントへの変換を行うことができます。

 

生成された Word 2007+ ファイルの保存

[生成された Word 2007+ ファイルの保存] コマンドにより、Word 2007+ ファイルが生成されます。デザインにて 複数の ドキュメントの出力 が指定されている場合、複数の Word 2007+ ファイルが生成されます。この操作には 2 つの入力ファイルが必要になります:

 

現在アクティブな SPS ファイルに割り当てられている作業用 XML ファイル。作業用 XML ファイルが割り当てられていない場合、コマンドが無効になります。DB をベースにした SPS の場合、自動的に生成される編集不可能な XML ファイルが作業用 XML ファイルとなり、作業用 XML ファイルは手動で割り当てられません (次を参照:DB スキーマと DB XML ファイル)。

現在アクティブな SPS ファイルから自動的に生成された XSLT-for-Word 2007+ ファイル。

 

生成されたデータベース スキーマの保存

DB をベースにした SPS を作成するため DB へ接続すると、DB の構造をベースにした一時的な XML スキーマが StyleVision により生成、ロードされます。[生成されたデータベース スキーマの保存] コマンドにより、この生成された XML スキーマを保存することができます。XML DB の場合、スキーマ ファイルは生成されず、DB やその他の場所にあるスキーマが使用されます。このコマンドは XML DB に対して選択できません。


 

生成されたデータベース XML データの保存

[生成されたデータベース XML データの保存] コマンドにより、XML 構造内の DB から得られたデータを含む XML ファイルが、DB から生成された XML スキーマの構造に従うかたちで生成、保存されます。StyleVision Power Stylesheet にて DB フィルターが定義されている場合、これらフィルターがデータのインポートに対して適用されます。XML DB の場合、スキーマ ファイルは生成されず、DB の XML 列やその他の場所にあるスキーマが使用されます。このコマンドは XML DB に対して選択できません。

 

生成されたユーザー定義スキーマの保存

SPS にユーザー定義スキーマが含まれる場合に、このコマンドが有効になります。スキーマ ツリー サイドバーにて作成したスキーマが、.xsd 拡張子を持つ XML スキーマとして保存されます。

 

生成されたユーザー定義 XML データの保存

ユーザー定義のスキーマに対応する、インポートされた HTML ファイル内にあるデータが XML ファイルとして保存されます。対応するデータは XML スキーマ ノードとして作成された (デザイン ビューの) HTML ドキュメント内にあるノードとなります。

 

(C) 2015-2021 Altova GmbH