このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

ファイル メニューには、SPS や関連するファイルを操作するためのコマンドが収められています。以下のコマンドを利用することができます:

 

新規作成 様々なソースから SPS を新たに作成します。

開く、再ロード、閉じる、すべて閉じる ファイルを開く、アクティブなファイルを閉じる、または再ロードします。

デザインの保存、名前をつけて保存、すべて保存 アクティブな SPS や、開かれているすべての SPS ファイルを保存するためのコマンドです。

MobileTogether デザインファイルとしてエクスポートする を使用して、アクティブな SPS ファイルから MobileTogether デザインを生成することができます。

Authentic の XML データを保存、 名前を付けて保存 Authentic View にて有効になるコマンドで、 作業用 XML ファイルに対してなされた変更を保存します。

生成されたファイルの保存  SPS により生成することのできる出力ファイルを保存します。

Web デザイン ASPX アプリケーションを動作させるのに必要なすべてのファイルを、指定されたフォルダーに生成します。

プロパティ 出力ドキュメントのエンコーディング、ブラウザーの CSS 互換モード、Authentic View における相対イメージ パスの解決方法、RTF (Enterprise ならびに Professional エディションのみ) や Word 2007+ (Enterprise エディションのみ) 出力にてイメージを埋め込むのか、またはリンクするのかの指定を行います。

印刷プレビュー、印刷 Authentic View と 出力ビューにて有効になります。プレビューに表示されている内容を印刷するためのコマンドです。

最後に開かれたファイル、終了 それぞれ最後に開いたファイルを開く、プログラムを終了するためのコマンドです。

 

(C) 2019 Altova GmbH