このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

[データベース フィルターの編集] コマンド ic_edit_db_filter により、データベース テーブルに対するフィルターを作成ならびに編集することができます。データベース フィルターにより、選択されたデータベース テーブルからインポートされ、表示されるデータが決定されます。データベース フィルターは 1 個以上の条件により構成されます。条件の指定には、(=> などの) 演算子と (テキストや数値などの) 値が組み合わせられます。条件は ANDOR などの論理式により組み合わせることもできます。

 

以下の操作によりデータベース フィルターを作成ならびに編集することができます:

 

1.データベース フィルターの作成や編集を行うトップレベルのデータ テーブル要素を選択します。デザイン ビューの要素タグを選択するか、スキーマ ツリーにある要素名を選択してください。
2.[データベース | データベース フィルターの編集] コマンドを選択するか、ツールバーにある対応するコマンドをクリックします。データベース フィルターの編集ダイアログが表示されます。

 

 

dlg_edit_db_filters

 

3.[AND を追加] や [OR を追加] ボタンにより条件を追加することができます。矢印ボタンにより条件を上下に移動することができます。[削除] ボタンにより条件を削除することができます。
4.データベース フィルターの条件を指定します。各条件は、フィールド名演算子、そしてという 3 つのパーツから構成されます。フィールド名と演算子の選択はコンボ ボックスより行うことができます。条件の値はキーボードにより入力、または ($ 文字に続く) パラメーターから選択することができます。

 

 

データベース フィルターのクリア コマンド

[データベース フィルターのクリア] コマンド ic_clear_db_filter により、確認後にフィルターが削除されます。

 

 

 

(C) 2019 Altova GmbH