このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

[XML 署名] コマンドへは、関連付けられた SPS にて XML 署名が有効 になっている時に、Authentic View にてアクセスすることができます。XML 署名コマンドへは、Authentic ツールバーの XML 署名ツールバー アイコン BtnXMLSignatures からもアクセスすることができます。

 

検証と独自の証明書/パスワード

[XML 署名] コマンドをクリックすると、署名の検証処理が開始されます。署名がドキュメント内に含まれていない場合、XML 署名ダイアログにその旨のメッセージが表示され (以下のスクリーンショットを参照)、 Authentic View ユーザーがドキュメントを署名するためのボタンがダイアログに表示されます。

 

XMLSigVerificationFailed

 

[独自の証明書を選択] または [独自のパスワードを選択] ボタンがダイアログに表示されている場合、独自の証明書/パスワードを Authentic View に対して選択することができます (選択されるのが証明書かパスワードなのかは、署名の構成時に SPS に対してセットされます。署名は証明書ベース、またはパスワードをベースにしたものになります)。ダイアログに表示されているボタンをクリックすることにより、証明書の選択やパスワードの入力を Authentic View ユーザーが行うことができます。 Authentic View ユーザーの選択はメモリ上に保存され、そのセッションが終了するまで有効になります。証明書やパスワードの選択を行った後にアプリケーションが終了されると、その証明書/パスワードの設定が、SPS とともに保存されたオリジナルのものに戻されます。

 

検証と認証情報

署名されたドキュメント上で検証処理が行われる場合、2 つの場合が考えられます。最初に考えられる状況として、認証情報が (署名または SPS 内部から) 利用可能な場合、認証処理が直接行われ、その結果が表示されます (以下のスクリーンショットを参照)

 

XMLSigVerified

 

認証情報は署名している証明書のキー情報、または署名しているパスワードとなります。

SPS デザイナーは、XML 署名の設定にて証明書のキー情報が署名内に保存されるか、またはパスワードを SPS 内に保存するかを指定することができ、どちらの場合でも認証を行うことができます。これにより、Authentic View ユーザーからの入力を必要とすることなく認証処理が直接行われます。

 

2 番目に考えられる状況として、認証情報が署名 (パスワードが保存されていない) や SPS ファイル (証明書のキー情報が保存されていない) 内部に存在しない場合があります。この場合、認証情報 (パスワードまたは証明書の場所) を入力するように Authentic View が求められます (以下のスクリーンショットを参照)。

 

SigPassword

 

 

 

(C) 2019 Altova GmbH