このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

[ツールバー ボタンのカスタマイズ] コマンドを選択すると、Authentic ツールバーをデザインするための Authentic カスタム ボタンが表示されます。Authentic ツールバーが SPS とともに保存されると、Enterprise または Professional Edition の Altova 製品にある Authentic View にて、その SPS に関連付けられた XML ファイルを編集する際に、これらツールバーが表示されます。

 

メモ:Authentic View が搭載されている Altova 製品は、Enterprise ならびに Professional Edition の XMLSpy、 StyleVision 、そして Authentic Desktop と Authentic Browser プラグインです。

 

AuthCustomButtons

 

ボタンの追加

ボタンやセパレーターを Authentic ツールバーに追加するには、ダイアログ右上にある追加 ([+]) ボタンをクリックします。(i) テキスト状態のアイコン、(ii) マクロを実行するためのカスタム ボタン、または (iii) ツールバーにあるボタンをグループに分けるためのセパレーターを追加することができます。 テキスト状態アイコンカスタム ボタン に関する詳細は、以下を参照ください。

 

ボタン移動とボタンの削除

ボタンやセパレーターをドラッグすることで、そのボタンやセパレーターをツールバー内にある別の場所へ移動することができます。ボタンやセパレーターを選択し、ダイアログ右上にある削除ボタンをクリックすることで、そのボタンやセパレーターが削除されます。

 

テキスト状態アイコン

テキスト状態アイコンによりグローバル要素に対するアイコンが定義されます。 Authentic View ユーザーが Authentic View ドキュメント内にあるテキストを選択し、テキスト状態アイコンをクリックすると、アイコンにより定義された要素が、選択されたテキストの周りに挿入されます。テキスト状態アイコンは、太字やイタリックといったインラインのフォーマットを行うために通常利用されます。

 

テキスト状態アイコンを Authentic ツールバーへ追加するには、Authentic カスタム ボタン ダイアログの右上にある追加ボタンをクリックして、[テキスト状態アイコンの追加] を選択します。作成されるテキスト状態アイコンに対応する XML 要素の名前を入力し、ボタンのビットマップ イメージを選択するか、ボタンのテキストを入力してください。オプションとして、 Authentic View ユーザーがテキスト状態アイコンへマウスオーバーした時に表示されるツールチップを入力することができます。[OK] をクリックするとボタンが Authentic ツールバーへ追加されます。

 

TextStateIcons

 

上のスクリーンショットでは、bold 要素に対するテキスト状態アイコンが表示されています。このテキスト状態アイコンには bold.bmp という名前のイメージが使用されます。入力されているボタンのテキストはフォールバック (バックアップ) として使用されます。上のスクリーンショットで定義されているテキスト状態アイコンに対してイメージファイルが見つからない場合、Bold というテキストがボタンのテキストとして使用されます。

 

カスタム ボタン

Authentic View ユーザーが Authentic ツールバーにあるカスタムボタンをクリックすると、マクロが実行されます。SPS デザインではカスタム ボタンを作成して、実行されるマクロを指定することができます。

 

Authentic ツールバーへカスタムボタンを追加するには、Authentic カスタム ボタン ダイアログの右上にある追加ボタンをクリックして、[カスタム ツールバー ボタンの追加] を選択してください。

 

AuthCustomButtons

 

カスタム ボタン take 次の パラメータ:

 

ボタンに使用されるイメージの場所 (ビットマップ フィールド) またはボタンのテキスト (テキスト フィールド)

マクロ名のコンボ ボックスでは、ドロップダウン リストからマクロを選択します。SPS にて保存されたマクロが示されます。[新規] ボタンをクリックすると、StyleVisionスクリプトエディターが開かれ、マクロを作成し SPS に保存することができます。[編集] ボタンをクリックすると、選択されたマクロがスクリプトエディターで開かれ、編集することができます。

オプションとして、 Authentic View ユーザーがカスタム ボタンへマウスオーバーした時に表示されるツールチップを入力することができます。

識別子フィールドでは、カスタム ボタンの識別子として使用されるテキスト文字列を入力します。この識別子はコードのスクリプト化で使用することができます。

 

上のスクリーンショットでは、ChangeAddressToUS マクロのカスタム ボタンが示されています。このカスタム ボタンでは US.bmp という名前のイメージが使用されています。ボタンのテキストもフォールバックとして入力することができます。ツールチップにもテキストが入力されており、カスタム ボタンには Address_US という識別子が与えられています。これらの例は Example プロジェクトの Authentic\Scripting フォルダーにある ToolbarButtons.sps で確認することができます。

 

 

(C) 2019 Altova GmbH