イニシャルドキュメントセクション

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  SPS ファイル: 表示方法 > 印刷媒体出力のデザイン > ドキュメント セクション >

イニシャルドキュメントセクション

その他のドキュメントセクションが存在するかどうかに関わらず、ドキュメント全体のプロパティはイニシャルドキュメントセクションにて定義されます(ドキュメントの最初に表示されるドキュメントセクション - 以下のスクリーンショットを参照)。イニシャルドキュメントセクションにより 表紙 の作成を行うこともできます。

 

InitialDocSec

 

ドキュメントのプロパティを編集するには、イニシャルドキュメントセクションにあるプロパティの編集ハイパーリンクをクリックしてください。イニシャルドキュメントセクションのプロパティダイアログが表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。このダイアログには、(i) 基本的なページレイアウトプロパティ、(ii) (HTML) ドキュメントプロパティ、(iii) ドキュメントスタイルという3つのタブが含まれています。

 

WinPropsPageLayout

 

ページレイアウトプロパティ

イニシャルドキュメントセクションのページレイアウトプロパティは、ドキュメント内にある最初のドキュメントセクションに対して適用されます。ドキュメントセクションが1つしか無い場合、これらの設定がドキュメント全体に対して適用されます。ドキュメントセクションが新たに作成されると、その時点でイニシャルドキュメントセクションにあるページレイアウトプロパティの値が使用されます(作成されたドキュメントセクションのプロパティ値は後から編集することができます)。イニシャルドキュメントセクションのプロパティが変更されても、既に作成されたドキュメントセクションのプロパティに対して、これら変更が反映されることはありません。新規ドキュメントセクションの作成には、最新の(つまりその時点での)イニシャルドキュメントセクションにある値が使用されます。個々のページレイアウトプロパティについては、 ページレイアウト プロパティのセクションを参照ください。 透かし ボタンにより、セクションのページのために透かしを定義することができる透かし ダイアログが表示されます。それぞれのセクションに対して異なる透かしを定義することができます。

 

HTML ドキュメントプロパティ

出力 HTML ドキュメントのプロパティは、ドキュメントプロパティタブにて指定されます。

 

ドキュメント スタイル

ドキュメントスタイルタブにて定義されたスタイルは、ドキュメント全体に対して適用されます。ドキュメント内に複数のドキュメントセクションが定義されている場合、各ドキュメントセクション内にあるデザイン要素がイニシャルドキュメントセクションのプロパティ値を継承することになります。デザイン要素にて継承されたスタイルをオーバーライドするには、個々のデザイン要素にてスタイル値を指定する必要があります。デザイン要素が選択された状態で、スタイルサイドバーにて目的のスタイルを指定してください。

 

表紙

表紙を作成するには、イニシャルドキュメントセクションの最初の方でデザインを行う必要があります。表紙テンプレートの直後に改ページを(「挿入 | ページ/カラム/ドキュメントセクションを挿入 | 新規ページ」メニューオプションにて)挿入することで、その他のドキュメントが別ページにて表示されるようにすることができます。表紙のページレイアウトプロパティにある値がその他のページにおける値と異なる場合、イニシャルドキュメントセクション全体を表紙ページとして使用して、それ以降のページを別のドキュメントセクションにより作成する必要があります。

 

以下に表紙デザインの例を示します:

 

pdf_cover_design

 

 

プレビュー RTF、 プレビュー PDF、 または プレビュー Word 2007+ タブをクリックして、プレビューウィンドウにて結果を確認します。

 

pdf_cover_output

 

 

 


(C) 2019 Altova GmbH