ドキュメント セクション

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  SPS ファイル: 表示方法 > 印刷媒体出力のデザイン >

ドキュメント セクション

SPS には複数のドキュメントセクションを含めることができ、各ドキュメントセクションに独自のページ設定を与えることができます。例えば、テーブルに収められたデータと、そのデータについて説明したテキストを2つのドキュメントセクションとして分割することができます。その他にも、テキストのドキュメントセクションでは縦長の方向で表示が行われ、テーブルのドキュメントセクションでは横長の方向で表示を行うように指定することができます。各ドキュメントセクションに対して ページプロパティ を指定することができます(以下のスクリーンショットを参照)。その他にも、各ドキュメントセクションには独自の ヘッダーとフッターを指定することができます。

 

WinPropsPageLayout

 

SPS が作成されると、イニシャルドキュメントセクションと呼ばれるドキュメントセクションが1つ作成されます。このドキュメントセクションは、(ドキュメント内にあるセクションが1つか複数あるかに関わらず)ドキュメント最初のセクションとなり、削除することはできません。イニシャルドキュメントセクションのプロパティには、ドキュメント全体に適用されるプロパティとスタイルが含まれています。これらプロパティの詳細については、 イニシャルドキュメントセクションのセクションを参照ください。

 

メモ:巨大なドキュメントが FOP (Apache の FO プロセッサー)により処理される場合、新たなドキュメントセクションが処理されるたびにメモリ上のデータが破棄されます。従って、ドキュメントを複数のセクションに分割することで、メモリの使用量を減らすことができます。

 

ドキュメント セクションを挿入する

以下の操作によりドキュメントセクションを挿入することができます:

 

1.新たにドキュメントセクションを開始するドキュメント内の場所へカーソルを配置します。
2.(右クリックにより表示される)コンテキストメニューから、「ページ/カラム/ドキュメントセクションを挿入 | 新規ドキュメントセクション」を選択します。他にも、「挿入」メニューオプションから同様のコマンドを選択することができます。新たなドキュメントセクションがデザイン内に挿入され、ドキュメントセクションタイトルバーが表示されます(以下のスクリーンショットを参照 - ヘッダー/フッターを隠すリンクは、ドキュメントセクションにヘッダーまたはフッターが追加された状態で表示されます)。出力では、ドキュメントセクションごとに新たなページが表示されます。

 

SectionBreak

 

3.新規ドキュメントセクションには、ドキュメントセクションが作成された段階のイニシャルドキュメントセクションに割り当てられたページレイアウトプロパティが含まれます。ドキュメントセクションに与えられた ページレイアウトプロパティ は、プロパティを編集ハイパーリンクから編集することができます。必要な場合は、 ヘッダーとフッター をドキュメントセクションに追加することもできます(ヘッダー/フッターを追加ハイパーリンクを使用)。 ページレイアウトプロパティヘッダーとフッター の定義方法については、このセクション以下にあるサブセクションにて記述されます。ヘッダーやフッターはドキュメントセクション内部に表示されます。デザインにおけるヘッダーとフッターの表示は、ヘッダー/フッターを隠すハイパーリンクにより切り替えることができます。このハイパーリンクは、ヘッダーまたはフッターがドキュメントセクションに追加された後に表示されます。.
4.イニシャルドキュメントセクションの後に新規のページを作成する場合、イニシャルドキュメントセクションのページレイアウトの定義に移動し、セクション区切りを表示するプロパティの値を「Yes」 に設定します。これにより、イニシャルドキュメントセクションではない最初のページが新規のページとして開始されます。プロパティの値が「No」の場合、効果が変更されることに注意してください。この場合、最初の非イニシャルドキュメントセクションは、イニシャルドキュメントセクションの直後に改ページを表示することなく開始されます。 イニシャルドキュメントの設定が空である場合は、役に立ちます。例えば、出力を生成しないデザイン処理テンプレートのみを含む場合など。「 No 」 のプロパティの値は、出力ドキュメントの最初のページが空にならないようにします (これを行わないと改ページを含む空のページがイニシャルドキュメントの後に表示されます)。

 

 

以下の点に注意してください:

 

XSLT 1.0 が選択された SPS により生成された  PDF と RTF 出力では、メインテンプレート直下のドキュメントセクションだけが許可されます。 条件テンプレートやその他のテンプレート、またはメインテンプレート直下には無いドキュメントセクションからは、PDF 出力にて改ページだけが作成されます。 この制約は、XSLT 2.0 または XSLT 3.0 が選択された SPS から生成された PDF と RTF 出力には当てはまりません。
出力ドキュメントでは、ドキュメントセクションごとに新たなページが作成されます。
ページ余白プロパティは HTML ページに対しても適用されます。
複数のドキュメントセクションがデザイン内に存在する場合、ミラー余白プロパティの値と、対応する左余白ならびに右余白プロパティの値はイニシャルドキュメントセクションから取得されます。その他ドキュメントセクションにて指定されたこれらプロパティの値は無視されます。

 

ドキュメントセクションの削除

ドキュメントセクションを削除するには、ドキュメントセクションのバーにてドキュメントセクションという文字を右クリックし、コンテキストメニューから「編集 | 削除」を選択します。ドキュメントセクションのタイトルバーとともに、そのドキュメントセクションが削除されます。ドキュメントセクションを削除すると、そのドキュメントセクションに対して作成されたページレイアウトプロパティ、ヘッダー、そしてフッターも削除されますが、ドキュメントセクションのコンテンツは削除されません

 

 

 


(C) 2019 Altova GmbH