PDF ブックマーク

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  SPS ファイル: 表示方法 > 印刷媒体出力のデザイン >

PDF ブックマーク

PDF ブックマークとは、PDF を閲覧するアプリケーションに表示されるナビゲーションリンクのことです(以下のスクリーンショットを参照)。通常 PDF ドキュメントの構造が表示され、ドキュメントの様々な箇所へ素早く移動することができます。

 

PDFBookmarks

 

StyleVision では、ドキュメントの PDF ブックマークを、柔軟性を持ったかたちで思い通りに作成することができます。デフォルトでは、ドキュメントにて定義された全ての目次 (TOC) が PDF ブックマークとして表示されます。FOP プロセッサーによっては、ドキュメントの目次に共通するアイテムがマージされることもできます。目次の構造とは異なる PDF ブックマークを作成する場合、PDF ブックマーク機能を使用することで PDF ブックマークのカスタマイズを行うことができます。PDF ブックマークを作成すると、目次の設定がオーバーライドされ、ドキュメントの PDF ブックマークが採用されます。

 

目次と PDF ブックマーク

PDF 出力で作成されるブックマークは、ドキュメント内部の目次と PDF ブックマークツリーがドキュメントにて作成されたかどうかに左右されます。以下のオプションを利用することができます:

 

デザインにおける単一の目次: 目次の構造により PDF におけるブックマークが作成されます。
デザインにおける複数の目次: 各目次から PDF のブックマークが生成されます。前の目次に追加されるかたちで新たな目次が作成されます。FOP 0.93 といった FOP プロセッサーによっては、共通した目次のアイテムがマージされることに注意してください。
デザインにて作成された PDF ブックマークツリー: PDF ブックマークツリーをデザインにて作成することで、このツリーを PDF 内にあるブックマークに対して使用することができます。デザイン内の目次はオーバーライドされます。デザインにて PDF ブックマークが作成されても、そのツリーが空の場合、PDF にブックマークが作成されることはありません(目次が設定されていたとしても PDF ブックマークペインは空になります)。

 

PDF ブックマークツリーの作成

このセクションでは、PDF ブックマークツリーを使用することで PDF 出力にてブックマークを作成する方法について説明します。PDF ブックマークツリーがドキュメントにて作成されていない場合、ブックマークはデザインの目次から自動的に生成されます。目次の作成については、次のセクションを参照してください: 目次、参照、 ブックマーク.)

 

PDF ブックマークツリー(テンプレート)は、ドキュメントのイニシャルドキュメントセクションにて定義されるテンプレートです。デザインから複数のドキュメントが生成される場合、イニシャルドキュメントセクションにて複数の PDF ブックマークツリーを指定することができます。

 

PDFBkmksAddCmd

 

イニシャルドキュメントセクションのタイトルバーにあるヘッダー/フッターの追加リンクをクリックして、PDF ブックマークツリーを追加コマンドを選択することで、PDF ブックマークツリーテンプレートを追加することができます(上のスクリーンショットを参照)。PDF ブックマークツリーテンプレートが追加されます(以下のスクリーンショットを参照)。

 

PDFBkmksAdd

 

スキーマツリーサイドバーから PDF ブックマークツリーへノードをドラッグすることで、カスタマイズされた PDF 構造を作成することができます。

 

PDF ブックマークツリーへドロップした各ノードに対して、PDF ブックマークを作成するのか、テンプレートを作成するのか選択を促されます。PDF ブックマークを選択した場合、ブックマークのターゲットを入力するように促されます。指定するターゲットは、デザイン内に既に存在するブックマーク(アンカー)でなければなりません。ブックマーク(アンカー)の作成方法については、 ブックマークの挿入 セクションにて記述されます。ターゲットブックマークを入力すると、PDF ブックマークコンポーネントがツリーに追加されます(以下のスクリーンショットを参照)。

 

PDFBkmkTree01

 

各 PDF ブックマークコンポーネントにはハイパーリンクコンポーネントが含まれます(上のスクリーンショットを参照)。このコンポーネントには2つの属性が含まれています:

 

PDF ブックマークの文字列を表すコンテンツ: デフォルトのコンテンツプレースホルダを削除して、適切なテキストやコンポーネントを挿入することができます。
ターゲットとなるブックマークを指定する URL プロパティ: ターゲットブックマークが同一ドキュメント内に存在する場合、URL は(# から始まる)アンカー名を入力する必要があります。詳細については、次を参照してください: ハイパーリンクの定義

 

PDF ブックマークターゲット

PDF ブックマークにあるハイパーリンクコンポーネントの URL プロパティは、PDF ブックマークが作成された時に割り当てられたターゲットブックマークとなります。このターゲットは、ハイパーリンクコンポーネントを右クリックして、コンテキストメニューから URL の編集を選択することで表示されるダイアログにて変更することができます。

 

ターゲットはユニーク(つまり2つ以上の PDF ブックマークから同じデザインブックマークが参照されない)とするように推奨します。そうでない場合、FOP のバージョンに出力が依存することになります。例えば FOP 0.95 では、同じターゲットを指し示すネストされた PDF ブックマークが無視されます。FOP 0.95 では、定義されていないドキュメントの場所を指し示す PDF ブックマークも無視されるようになります。FOP 1.0 の場合、このようなブックマークもブックマークツリーに表示されるようになります。外部の場所(例えば HTTP やファイルの URL)に対する PDF ブックマークは Apache FOP(バージョン 0.95 ならびに 1.0)にて現在サポートされていません。

 

PDF ブックマークとツリー構造

通常、PDF 内にある PDF ブックマークにより、ドキュメントの階層が表示される様になります。この構造は、PDF ブックマークがネストされた PDF ブックマークツリーにより指定されます。例えば以下のスクリーンショットでは、Organization Chart ブックマークのハイパーリンクコンポーネントの後に(青色でハイライトされている)n1:Office 要素がドロップされています。Office PDF ブックマークは Organization Chart PDF ブックマーク内部にネストされたかたちで表示されます。

 

PDFBkmkTree02

 

上のスクリーンショットに示されるサンプルについて、以下の点に留意してください:

 

XML ドキュメントには n1:orgChart 要素と2つの n1:Office 要素が含まれています。
n1:orgChart 要素には静的ブックマークが含まれています。PDF ブックマークのハイパーリンクコンポーネントにあるアンカーからは、静的なブックマークが指し示されています。
Organization Chart PDF ブックマークの名前は静的なテキスト文字列となります。
子ノードにある2つのオフィスの名前 (n1:Name) を選択する XPath 条件式により、2つの n1:Office 要素が動的に作成されます。Office PDF ブックマークコンポーネントの URL は、子ノードの n1:Name を使用して得られた、動的に生成されたアンカーとなります。
各 Office PDF ブックマークの名前は、各 n1:Office 要素にて対応する子ノードの n1:Name を使用する自動計算により生成されます。

 

PDF ブックマークツリーにより生成された PDF ブックマークは、以下のように表示されます。

 

PDFBookmarksExOut

 

メモ:ターゲットブックマークや PDF ブックマークの URL が無効の場合、使用されている FO プロセッサーにより、エラーが返される場合と、無効な PDF ブックマークが生成される場合があります(上記の PDF ブックマークターゲットに関する記述を参照ください)。

 

PDF ブックマークツリーの削除

ツリーが選択された状態で Delete キーを押下するか、ツリーを右クリックして、メニューオプションから「編集 | 削除」コマンドを選択することにより、PDF ブックマークツリーを削除することができます。

 

 

 


(C) 2019 Altova GmbH