FDF/XML として抽出する

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  SPS ファイル: 表示方法 > 記入することのできる PDF フォーム > フォームのデータ >

FDF/XML として抽出する

記入することのできる PDF フォームのデータをユーザーが入力すると、フォームのデータを FDF ファイル または XML ファイルを入力 PDF ファイルから抽出することができます。Altova StyleVision Server の pdfdata コマンドを呼び出して行う方法は、以下のとおりです:

 

stylevisionserver pdfdata [options] InputPDF

 

 

オプションは、出力ファイルフォーマットとその場所を指定します:

--outfdf

生成された FDF ファイルへの絶対パスを指定します。  フォーム: --outfdf=FILE

--outxml

生成された XML ファイルへの絶対パスを指定します。 フォーム: --outxml=FILE

 

 

pdfdata コマンドの例:

 

stylevisionserver pdfdata --outfdf=C:\test\forms\FDFData.fdf C:\test\forms\TestForm.pdf

stylevisionserver pdfdata --outxml=C:\test\forms\XMLData.xml C:\test\forms\TestForm.pdf

 

FDF ファイル

生成された FDF ファイルには、 PDF ファイルの フォームのデータフィールドのデータが含まれます。 FDF ファイルを Adobe Reader、 Adobe Acrobat、と他のテキストエディターで開くことができます。

 

FDF ファイルを Adobe Reader または Adobe Acrobat で開く場合、 アプリケーションは、 FDF ファイルに関連付けされている PDF ファイルを開こうと試みます。PDF ファイルが見つからない場合、 PDF ファイルを参照するようにプロンプトされます。  PDF ファイルが見つかると、 PDF ファイルは開かれ、ドキュメントの上部の黄色のリボン内に FDF ドキュメントを信頼するかを問われます。 FDF ドキュメントを信頼する場合、 FDF ファイル内のデータは、 PDF ファイルにロードされます。
FDF ファイルをテキストビューで開く場合、 フォームのデータを編集し、FDF ファイルに保存することができます。この FDF ファイルは対応する PDF ファイルと使用することができます。

 

XML ファイル

XML ファイルは、 pdf-form-data という名前のルート要素と共に生成されます(下のリストを参照してください)。 ルート要素には、子 page 要素があり、それぞれが PDF ドキュメント内のページに対応しています。 各 page 要素には、そのページのフォームのデータフィールドに対応する子要素が含まれています。(このレベルの要素は、フォームフィールド 要素となります) 例: ページ上に5つのフィールドが存在し、生成された XML ファイル内には5つには対応するフォームフィールド XML 要素が存在します。 デザイン内の XML ノードに割り当てられているラジオボタンは XML ファイル内のフォームフィールド XML 要素と生成されることに注意してください。

 

 

<pdf-form-data>

  <page index="1">

    <firstname>John</firstname>

    <idelem4x8>Doe</idelem4x8>

    <gender_id>male</gender_id>

    <idelem4x17>mail01@altova.com</idelem4x17>

    <!--Incorrect XML name "4newsletter" was replaced by "altova:element-0" element name.-->

    <altova:element-0>Off</altova:element-0>

  </page>

  <page index="2">

    <firstname>Jane</firstname>

    <idelem4x26>Doe</idelem4x26>

    <gender_id>female</gender_id>

    <idelem4x35>mail02@altova.com</idelem4x35>

    <!--Incorrect XML name "4newsletter" was replaced by "altova:element-0" element name.-->

    <altova:element-0>Off</altova:element-0>

  </page>

</pdf-form-data>

 

 

フォームフィールド 要素の名前

以下の点に注意してください:

 

デザイン内で、フォームコントロールに、有効な XML 要素名の値が、 記入することのできる PDF フォームプロパティ出力要素名の文字列の値を持つ場合、この名前が対応するフォームフィールド要素の名前として使用されます。 出力要素名のプロパティの値が無効な XML 要素の場合、 XML  要素名が生成されます。代替はコメントとして表示されます (上記のリスト内の最後のフォームフィールド要素を参照してください)。
デザイン内で、フォームコントロールに、出力要素名 プロパティ値が存在せず、(プロパティの共通のグループの下の)id プロパティのために有効な XML 要素名の値が存在する場合、 id プロパティの値は、対応する フォームフィールド 要素の名前。として使用されます。 id プロパティの値が無効な XML 要素名の場合、 XML 要素名 が生成されます。 代替はコメントとして記載されます。(次を参照:前のポイント)。
出力要素名 プロパティ、または、 id プロパティのために値が指定されていない場合、 XML 要素名 は自動的に生成されます。 例えば、上記のリスト内の2番目の フォームフィールド 要素を参照してください。

 


(C) 2019 Altova GmbH