チェックボックス と ラジオボタン

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  SPS ファイル: 表示方法 > 記入することのできる PDF フォーム > フォームコントロール >

チェックボックス と ラジオボタン

入力フィールドによりユーザーは制約なしにデータを入力することができますが、 チェックボックス と ラジオボタンにより特定の値に制約されたデータを入力することができます。

 

チェックボックス: チェックされた値、および、チェックされていない値を定義することができます。PDF フォーム内でユーザーがボックスをチェックすると、チェックされた値がそのデータフィールドに入力されます。それ以外の場合、チェックされていない値が入力されます。 下のスクリーンショットでは、 altovaNewsletter 要素は、チェックボックスの値を取るように設定されています。 ユーザーが PDF フォーム内のボックスをチェックする場合、 yes の値が altovaNewsletter 要素内に入力されます。
ラジオボタン: 複数の ラジオボタンは、それぞれ異なる値を示し、単一のデータフィールドにマップされます。 PDF フォーム内でユーザーが選択するラジオボタンの値は、データフィールドの値として入力されます。  例えば、下のスクリーンショットでは、 female の値、および male の値を持つのラジオボタンは、 要素 gender にマップされます。両方のラジオボタンは単一の要素にマップされるため、これらのラジオボタンは自動的に相互排除的になります。これは、2つの内の1つのを選択できることを意味します。選択されなかったオプションは、自動的に選択解除されます。PDF フォーム内でユーザーが選択するボタンの値は、 gender 要素 (すなわち、 female または male) として入力されます。

 

PDFForms02ChkBxsRdoBtns

 

以下の点に注意してください:

 

デフォルトの データフィールドの値は、作業用 XML ファイル内の対応するノードから取得されます。作業用 XML ファイルが割り当てられていない場合、 デフォルトの値は存在しません。
ラジオボタンは、 PDF フォーム内のチェックボックスとして表示されます。

 

チェックボックス と ラジオボタンの挿入

チェックボックス または ラジオボタンを以下の方法で挿入します:

 

1.チェックボックスの挿入 または ラジオボタンの挿入 ツールバーアイコンを選択します。または、メニューコマンド フォームコントロールの挿入 | チェックボックスの挿入 または フォームコントロールの挿入 | ラジオボタンの挿入を選択します。
2.フォームのレイアウトコンテナー内で、コントロールを挿入する箇所をクリックします。
3.コントロールが関連付けられるスキーマノードを選択するように問われます。ユーザーにより入力されたデータが保管されるノードです。 ノードを選択して、 「OK」 をクリックします。ノードとコントロールは レイアウトボックス内で作成されます。上のスクリーンショットでは、チェックボックスは altovaNewsletter 要素のために作成され、ラジオボタンは gender 要素のために作成されます。
4.デザイン内でコントロールを選択し、 プロパティの 記入することのできる PDF フォームのグループ の有効化されたプロパティを yes に設定します(上のスクリーンショットを参照してください)。または、プロパティ値を文字列を yes に評価する XPath 式に設定することができます。これは以下のシナリオで役に立ちます。コントロールが記入できるようにグローバルユーザー定義パラメーターを使用して指定することができます。 この場合、 yes の値を使用して、グローバルなユーザー定義パラメーターを定義し、有効化されたプロパティをパラメーターを呼び出す XPath 式に設定します。 例: $MyFillablePDFParam. パラメーターの値が yes であるため、コントロールの記入することのできるプロパティが有効化されます。
5.出力 要素id プロパティの値は、フォームのデータが保存、または、抽出されると、データフィールドの名前を提供します。 これらのプロパティの1つが設定されていない場合、データフィールド名は自動的に生成されますが、事前に知ることはできません。 フィールドデータを処理する場合、データフィールド名をここで使用するほうが生成された名前を使用するよりも簡単です。 詳細に関しては、セクションフォームのデータ、特に FDF/XML として抽出するを参照してください。

 


(C) 2019 Altova GmbH