ボタン

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  SPS ファイル: 表示方法 > 記入することのできる PDF フォーム > フォームコントロール >

ボタン

ボタンコントロールは、ドキュメント内での移動、データフィールドのリセット、フォームの印刷に関連したアクションをユーザーに提供します。 更に、ユーザーがフォームの記入が終わると、 送信 ボタンにより、フォームのデータ(FDF または PDF フォーム)をアップローすることのできるサーバーの URL を指定することができます。

 

ボタンの挿入

記入することのできる PDF フォーム内にボタンを挿入する方法は以下のとおりです:

 

1.挿入 |  フォームコントロールの挿入 | ボタンを選択します。
2.ボタンを挿入する場所で レイアウトコンテナー をクリックします。
3.更に正確な位置にボタンを移動させる場合、カーソルが両方向矢印になるまでボタンの レイアウトボックスの上または左端にマウスをポイントします。レイアウトボックスを希望する箇所までドラッグします。
4.ボタンテキスト内にカーソルをポイントしてボタンを選択します。
5.プロパティ サイドバー 内のボタンプロパティに移動します。プロパティグループ 記入することのできる PDF フォーム を開き、有効化されたプロパティを yes に設定します。ボタンは、記入することのできる-PDF フォーム ボタンアクションを実行するように有効化されました。 または、 プロパティの値を文字列 yes に評価する、XPath 式に設定します。これはとても役に立つ機能です。 例えば、コントロールに記入することのできる グローバルな ユーザー宣言パラメーター を指定する場合が挙げられます。 この場合、グローバルな ユーザー宣言パラメーターyes の値を使用して定義します。そして、有効化されたプロパティを、パラメーターを呼び出す XPath 式に設定します。 例: $MyFillablePDFParam。 パラメーターの値は、 yes であるため、コントロールの 記入することのできる プロパティが有効化されます。
6.記入することのできる PDF フォーム プロパティグループ内で、ボタンの枠のスタイルを設定することができます。ボタンの外観に関連したプロパティは、スタイル サイドバーで設定することができます。

 

ボタンの種類

ボタンがデザインに設置され、記入することのできる-PDF フォーム ボタンとして定義された後、ボタンが行うアクションについて定義することができます (前のセクションを参照してください)。(プロパティ サイドバー の) 記入することのできる PDF フォーム プロパティグループ内のプロパティコンボボックスからボタンアクションを選択してください。

 

次の ボタン アクションを使用することができます。

 

 

Click to expand/collapseナビゲーション ボタン

4つのナビゲーションボタンが存在します: 最初のページ、前のページ、次のページ、および、最後のページ。これらのボタンによりエンドユーザーが PDF ドキュメント内のページをナビゲートすることができます。

 

 

Click to expand/collapseデータフィールドの削除/リセット ボタン

ユーザーがフィールド内でデータを削除またはリセットすることのできるボタンが2つ存在します:

 

空にする: ドキュメント内の全てのフィールドのコンテンツを削除する: 入力フィールド だけではなく、チェックボックスとラジオボタンコントロールに関連したデータを削除します。
リセット: 作業用 XML ファイル 内に含まれた値にドキュメント内の全てのフィールドのコンテンツをリセットします。チェックボックスとラジオボタンコントロール に関連したデータもリセットされます。フィールドのためにデフォルトの値が存在しない場合、フィールドは空にリセットされます。

 

 

Click to expand/collapse印刷ボタン

印刷 ボタンによりユーザーは PDF フォームを印刷することができます。 印刷ジョブがプリンターに送信される前に、印刷ダイアログ内で印刷するページを選択することができます。 チェックボックスとラジオボタンコントロール は、ユーザーが選択するために明確的にクリックするまで選択されません。 作業用 XML ファイル からのデフォルトの値は、 PDF フォーム内では表示されず、印刷されません。

 

 

Click to expand/collapse送信ボタン

送信 ボタンによりユーザーは、記入した PDF フォームのデータをサーバーに送信することができます。 プロパティ サイドバー 内では、2つの追加 ボタン プロパティが送信 ボタンのために指定されている必要があります。

 

送信 の型: 使用することのできる 値は、 FDF ファイルpdf ファイルです。 選択された値は、送信 URLでの  URL に送信される ドキュメントのフォーマットを決定します。
URL の送信: ドキュメントが送信されるサーバーの場所の URL 。

 

送信の過程に関する詳しい説明は、次を参照してください: 保存と送信.

 


(C) 2019 Altova GmbH