このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

スタイルサイドバーのスタイル定義ペイン では、スタイルカラムで選択された種類のコンポーネントに対してスタイルプロパティを定義することができます(以下のスクリーンショットを参照)。スタイルカラムでは、Ctrl キーや Shift キーを押下しながら複数のコンポーネントを選択することもできます。複数種類のコンポーネントが選択されている場合、スタイル定義ペインにて定義した値が、選択されているコンポーネントの全インスタンスに対して適用されることになります。.

 

SS_Styles_Oview_Groups

 

スタイルプロパティグループ

スタイル定義ペインにて編集することのできるスタイルプロパティは、以下のスクリーンショットで示されるように、グループごとに管理されます。

 

StylePropGroups

 

値のあるものを表示, 全て展開 全て縮退 ツールバーボタンツールバーボタンを使用することで、プロパティの表示を修正することができます(以下のスクリーンショットを参照)。

 

スタイル値を入力する

スタイルプロパティの値(スタイル値)は、以下の方法により入力することができます:

 

値カラムに直接入力する: プロパティを選択し、値カラムをダブルクリックします。キーボードにより値を入力し、Enter キーを押下するか、その他の場所をクリックすることで入力された値が確定されます。

そのプロパティのコンボボックスにあるドロップダウンリストから値を選択する: コンボボックスにあるドロップダウンの矢印をクリックすると、スタイル値のオプションが表示されます。以下のスクリーンショットでは、(background-)repeat プロパティに対するオプションが表示されています。ドロップダウンリストから目的の値を選択してください。

値カラムの右側にあるアイコンを使用する: 2種類のアイコンが用意されており、関連するプロパティに対してのみこれらのアイコンは表示されます。((background-)color プロパティにある)カラーパレットは色の選択を行うために使用され、((background-)image プロパティにある)ダイアログアイコンからは、ファイルの参照を行うことができます。

 

StylesEntryOptions

 

XPath 式により、スタイルの値を割り当てることもできます。

 

スタイル値の修正と削除

スタイル値が正確に入力されなかった場合、値が赤色で表示されます。 プロパティの値の挿入で説明されているとおりに値の修正を行ってください。

 

スタイル値を削除(つまり、スタイル値をリセット)するには、スタイルサイドバーのツールバーにあるリセットボタンをクリックしてください。その他にも、プロパティの値カラムをダブルクリックして、Delete または Backspace キーにより値を削除した後に Enter キーを押下することもできます。

 

 

 

(C) 2019 Altova GmbH