このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

プロパティサイドバーにより、デザインビューにて選択された SPS コンポーネントのプロパティを定義することができます。

 

WinPropsGeneral

 

プロパティサイドバーは、以下にある2つのパーツから構成されます:

 

左側に表示されるプロパティカラムには、選択されているコンポーネントの型が表示されます。同時に編集することができるのは、1つのプロパティだけです。コンポーネントとプロパティをグループ化する方法については、次のセクションを参照してください: コンポーネントと プロパティグループ

右側に表示されるプロパティ定義ペインでは、プロパティカラムで選択されたコンポーネントに対してコンポーネントプロパティを定義することができます。プロパティ定義ペインは3つのビューにて表示することができます。各プロパティグループに、どのプロパティが収められているかの詳細については、以下の次のセクションを参照してください: プロパティグループ

 

定義表示のオプション

編集のニーズに合わせて、定義の表示を変更することができます。以下に示されるこれらの表示オプションは、ツールバーのボタンとコンテキスト メニューから選択することができます。

 

空でないリスト BtnNonEmpty: このオプションが有効になっている場合、左側のカラムで選択されているコンポーネントにおいて、値が与えられているプロパティだけがアルファベット順で表示されるようになります。オプションが無効になっている場合、すべてのプロパティが表示されます。このオプションにより、特定種類のコンポーネントに対してどのようなプロパティが定義されているか、簡単に確認することができます。選択されたコンポーネント型に対して新たなプロパティを定義するには、このオプションを無効にした状態で、空のプロパティへアクセスする必要があります。

 

すべて展開 BtnExpandAll: 左側で選択されたコンポーネントに対して、すべてのプロパティを右側のペインに表示します。このオプションは、空でないリストオプションと併用することができます。

 

すべて縮退 BtnCollapseAll: 左側で選択されたコンポーネントに対して、すべてのプロパティを縮退された状態で右側のペインに表示します。このオプションは、空でないリストオプションと併用することができます。

 


 

ツールバーアイコンのリセット

リセットアイコン ic_SSWReset をクリックすることで、選択されているプロパティの値をデフォルトに戻します。

 

コンポーネントと プロパティグループ

選択されているデザインコンポーネントにより、表示されるプロパティグループが変化します。以下のテーブルに、 SPS コンポーネントと、それらコンポーネントに含まれるプロパティグループを示します。.

 

コンポーネント

プロパティグループ

テンプレート

テンプレート; Authentic

コンテンツ

コンテンツ; Authentic; 共通; イベント

テキスト

テキスト; 共通; イベント

自動計算

自動計算; Authentic; 共通; イベント

条件分岐

When

データ入力デバイス

Authentic; 共通; データ入力デバイス; イベント; HTML

イメージ

イメージ; Authentic; 共通; イベント; HTML

リンク

リンク; Authentic; 共通; イベント; HTML

テーブル

テーブル; Authentic; 共通; イベント; HTML; インタラクティブ

パラグラフ

パラグラフ; Authentic; 共通; イベント; HTML

 

コンポーネントの型に対して以下の点に留意してください:

 

テンプレートコンポーネントとは、メインテンプレート、グローバルテンプレート、そしてデザイン内にある全てのスキーマ注釈のことです。

コンテンツコンポーネントとは content ならびに その他のコンテンツ プレースホルダのことです。ノードのテキストコンテンツや XML ドキュメントから得られたノードが表示されます。

テキストコンポーネントとは、静的なテキストである文字列のことです。文字列は、テキストコンポーネントを除く全てのコンポーネント間に配置され、空白スペースを含めることもできます。

データ入力デバイスとは、入力フィールド、複数行の入力フィールド、コンボボックス、チェックボックス、ラジオボタン、そしてボタンことで、プロパティにはデータ入力デバイスと、そのコンテンツを入力することができます。

テーブルコンポーネントとは、デザイン内にあるテーブル構造のことです。テーブルコンポーネントには、その構成要素がサブコンポーネントとして表示されます。サブコンポーネントには行、カラム、セル、ヘッダー、そしてフッターがあります。

段落コンポーネントとは、定義済みのフォーマットのことです。

 

各プロパティグループの説明を以下のテーブルに示します。

 

プロパティグループ

説明

自動計算

自動計算が選択されている時に、このオプションが有効になります。値フォーマットプロパティでは、数値や日付データ型といった、自動計算の書式 を指定することができます。XPath プロパティでは、 自動計算に使用される XPath 条件式を指定することができます。

Authentic

テンプレート、コンテンツ、自動計算、データ入力デバイス、イメージ、リンク、テーブル、そして段落に対して利用することができる SPS 特有のプロパティです。コンポーネントにより、グループ内で利用可能なプロパティは変化します。詳細については Authentic ノードプロパティ

共通

共通プロパティグループは、テンプレートと自動計算コンポーネントを除く全てのコンポーネントにて利用可能です。class(クラス名)、dir(書き方の方向)、id(ユニーク ID)、lang(言語)、title(名前)プロパティをコンポーネントに対して定義することができます。

データ入力デバイス

コンボボックス、チェックボックス、そしてラジオボタンにおける値の範囲を指定します。このプロパティグループは入力フィールドとボタンに対して適用されない点に注意してください。

イベント

以下のクライアントサイドの HTML イベントに対して、 JavaScript 関数 を有効にします: : onclick, ondblclick, onkeydown, onkeypressed, onkeyup, onmousedown, onmousemove, onmouseout, onmouseover, onmouseup.

HTML

データ入力デバイスイメージリンクテーブルパラグラフ のコンポーネント型に対して利用することができます。 データ入力デバイスパラグラフ には複数の種類があり、テーブル にはサブコンポーネントが備えられている点に注意してください。これらプロパティは対応する HTML 要素(imgtablepdiv など)に対してセットすることができます。そのため、利用可能となるプロパティは、選択されたコンポーネントにより変化します。これらプロパティに対応する値を XPath 条件式により選択することもできます。

 

更に、 イメージリンクパラグラフと他の定義済みのフォーマット条件分岐に固有のプロパティが用意されています。これらプロパティについては、それぞれのセクションで記述されます。

 

プロパティの値の設定

プロパティにより、複数の方法でプロパティを入力することができます。

 

カラムに値を直接入力する。プロパティを選択し、値カラムをダブルクリックした後に、キーボードから値を入力し、Enter キーを押下するか、GUI をクリックすることで値を確定します。

プロパティに対応したコンボボックスのドロップダウンリストから、値を選択する。コンボボックスの矢印をクリックして、ドロップダウンのプロパティ値オプションから値を選択します。

プロパティの値カラムの右側にある編集ボタン BtnEdit を使用する。編集ボタンをクリックすることで、そのプロパティのダイアログが表示されます。

 

共通ならびに HTML グループ内のプロパティによっては、XPath 条件式を使用することでプロパティへ値を与えることができます。XPath アイコン ic_xpath の有効/無効を切り替えることで、XPath 条件式をプロパティ値のソースとして使用するか指定することができます。プロパティが選択されている状態で XPath アイコンを有効にすると、このプロパティに対して XPath 条件式を入力し、その XPath 条件式の返り値を、プロパティの値として使用することができます。これにより、プロパティの値として XML ドキュメント内にある値を、ランタイムにて取得することができるようになります。XPath アイコンが無効になっている場合、プロパティの値として静的な値を入力することができます。詳細については: XPath を使用したスタイルプロパティを参照ください。

 

プロパティ値の修正と削除

プロパティ値を修正し、これまで記述された方法を使用するには、プロパティの値の設定 してください。プロパティ値を削除するには、プロパティを選択し、プロパティサイドバーのツールバーにあるリセットアイコンic_SSWReset をクリックしてください。

 

 

 

(C) 2019 Altova GmbH