このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

デザインツリーサイドバーには、 SPS デザインの概要が表示されます。

 

SS_DesignTreeOview1a

 

デザインツリーのルートには SPS の名前が表示され、マウスポインターをアイコン上に配置すると、ファイルの位置がポップアップで表示されます。デザインツリーにあるアイテムは、以下のカテゴリーに分類されます:

 

スクリプト :StyleVision の JavaScript エディターにより SPS に対して定義された全ての JavaScript 関数が表示されます。

メインのテンプレート: メインテンプレートの詳細な構造が表示されます。

グローバルテンプレート :現在の SPS 内にあるグローバルテンプレートや、インクルードされた全ての SPS モジュールにあるグローバルテンプレートが表示されます。

デザインフラグメント : デザイン内にある全てのデザインフラグメントが表示され、デザインフラグメントの作成、編集、名前変更、そして削除を行うことができます。

XSLT テンプレート:インポートされた XSLT ファイル内にある XSLT テンプレートが表示されます。

ユーザー定義 XPath 関数: 独自の XPath 関数を作成、編集、名前の変更、削除することができます。

 

ツールバーアイコン

以下のツールバーアイコンは、スキーマツリーサイドバーにある一般的なコマンドのショートカットとなります。

 

ic_addnamedtemplate

デザインに対してデザインフラグメント、メインテンプレート、またはレイアウトアイテムを追加します。アイコンの左側をクリックすることで、デザインフラグメントが追加されます。ドロップダウンを表す矢印をクリックすることで、デザインフラグメントや、その他のレイアウトアイテムを追加するためのリストが表示されます。

ic_delete

選択されたアイテムを削除します。グローバルテンプレートまたはレイアウトサブツリー内のアイテムが選択されている時に、アイコンが選択可能となります。

ic_SSWSynchronizeTree1a

同期ツリーを切り替えます。有効になっている場合(アイコンの境界線が表示されている場合)、ツリー内のノードを選択することで、(i) デザイン内の対応するノードが選択され、(ii) デザインツリーウィンドウ内にある同期ツリーアイコンが有効になっている場合、デザインツリー内の対応するノードが選択されます。アイコンが無効になっている場合、デザイン内の対応するノードが選択されることはありません。

ic_autocollapse1a

同期オプションが有効になっている場合、スキーマツリーにあるその他のアイテムが自動的に縮退され、デザインにてアイテムが選択されます。このオプションはツリーを同期オプションが有効になっている場合にだけ選択可能になります。

 

デザインツリーの表示を変更する

デザインツリー内にあるアイテムを右クリックすることで表示されるコンテキストメニューから、デザインツリーの表示を変更することができます(以下のスクリーンショットを参照)。

 

SS_DesignTreeContextMenu1a

 

削除コマンドにより、選択されたデザインツリーアイテムをデザインツリーから削除します。デザインフラグメントを作成により、デザイン内に デザインフラグメント を作成し、そのアイテムをデザインツリーに追加します。全て展開コマンドにより、デザインツリー内にある全てのアイテムを展開することができます。

 

スクリプトとメインのテンプレート

スクリプトには、インポートされたモジュール内にあるものを含め、デザイン内にある全てのスクリプトが表示されます。メインテンプレートにはメインテンプレートのツリーが表示されます。アイテムを右クリックして、削除を選択することで、ツリー内にあるアイテムを削除することができます。

 

グローバルテンプレート

グローバルテンプレート アイテムには、現在の SPS ならびに追加された全ての SPS モジュール内にある全てのグローバルテンプレートが表示されます。現在の SPS にて定義されているグローバルテンプレートは黒色で表示され、追加されたモジュールにて定義されたグローバルテンプレートはグレーで表示されます。各グローバルテンプレートには、左側にチェックボックスが含まれており、有効/無効を選択することができます。グローバルテンプレートが無効化された場合、デザインから削除されます。

 

SS_DesTree_GlobalTemplates1a

 

現在の SPS 内にあるグローバルテンプレートをクリックし、ツールバーにある削除ボタンをクリックするか、コンテキストメニューから削除コマンドを選択することで、そのグローバルテンプレートを削除することができます。デザインとツリーからコンポーネントが削除されます。

 

 


 

 

デザインフラグメント

デザインフラグメント アイテムにより、現在の SPS ならびに追加された SPS モジュール内にあるデザインフラグメントが表示されます。現在の SPS 内にあるデザインフラグメントは黒色で表示され、追加モジュール内で定義されたデザインフラグメントはグレーで表示されます。各デザインフラグメントには、左側にチェックボックスが表示されており、対応するデザインフラグメントを有効/無効にすることができます。現在の SPS 内にあるデザインフラグメントを選択し、削除コマンドをクリックするか、コンテキストメニューから削除コマンドを選択することで、そのデザインフラグメントを削除することができます。コンポーネントがデザインとツリーから削除されます。

 

SS_DesTreeDesignFragments1a

 

デザインフラグメントアイテムの右側にある追加アイコン icAddNew をクリックすることで、デザインフラグメントを追加することができます。各デザインフラグメントは展開/縮退可能なノードを備えたツリーとしてデザインされます。デザインフラグメントツリーを選択後に、ツールバーの削除ボタンをクリックするか、コンテキストメニューにある削除コマンドを選択することで、(現在の SPS にて定義された)任意のデザインフラグメントツリーを削除することができます。デザインとツリーからコンポーネントが削除されます。

 

XSLT テンプレート

デザインツリーサイドバーにある XSLT テンプレート以下には、インポートされた XSLT ファイルが表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。

 

DesTreeXSLTTemplates

 

インポートされた XSLT テンプレートには2種類あります: (i) match テンプレート、そして (ii) named テンプレート。デザインツリーでは、これら2種類のテンプレートが、(i) match テンプレートにある select 属性の値、(ii) named テンプレートにある name 属性の値とともにそれぞれ表示されます。XSLT テンプレートに関する詳細については、 XSLT テンプレートを参照ください。

 

 

 

(C) 2019 Altova GmbH