このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

デザイン概要サイドバーを使用することで、アクティブな SPS に対してスキーマソース、グローバルパラメーター、SPS モジュール、そして CSS ファイルを追加することができます。これらコンポーネントをまとめて表示することで、コンポーネントの集中管理を行うことができます。

 

WinDesOview

 

スキーマソースの追加

空の SPS 、または、既存のスキーマソースを持つ SPS へ SPS を追加することができます。ソースのヘッダー以下にある新しいソースの追加コマンドをクリックすることで、スキーマソースを追加することができます。この機能により表示されるポップアップメニューにより、: (i) XML スキーマ、DTD、または StyleVision により XML ファイルから生成された XML スキーマ、 (ii) により DB から生成されたスキーマ、 (iii) ユーザー定義スキーマ、または (iv) XBRL タクソノミ.

 

SBDesOviewAddFiles

 

作業用 XML ファイル と テンプレート XML ファイル

スキーマが追加されると、そのスキーマがソースアイテム以下に表示されます。 2つのサブアイテムが存在します:

 

作業用 XML ファイル.

テンプレート XML ファイル.

 

 

 

Authentic における XML 署名

メインソースの XML ファイルでは、XML 署名を有効にすることができます。この機能により Authentic View ユーザーは XML ドキュメントの署名と検証を行うことができるようになります。署名はメインソースに対してのみ有効にすることができ、その他のソースに対して使用することはできません。XML 署名の有効化と構成方法の詳細については、次のセクションを参照してください: XML 署名

 

モジュール、CSS ファイル、 パラメータ、 XSLT ファイルの追加

モジュール、CSS ファイル、パラメーター、そして XSLT ファイルセクションの下部にある、新たに追加するコマンドをクリックすることで、対応するセクションに新たなアイテムを追加することができます。

 

デザイン概要の機能

以下の機能は、デザイン概要サイドバーにある各セクション(ソースやパラメーターなど)全てに共通して使用することができます:

 

各セクション名の左側にある三角形の矢印をクリックすることで、そのセクションを展開、または縮退することができます。

ソース、モジュール、CSS ファイルセクション内にあるファイルセクションにはファイル名だけが表示されます。ファイル名へマウスを移動すると、ファイルのフルパスがポップアップにて表示されます。

灰色で表示されているアイテムはインポートされたモジュールを表しており、GUI にてアクティブになっている SPS ファイル内には無いモジュールとなります。

各セクションの下部には新しい <アイテム> を追加コマンドが含まれており、そのセクションに対して新たなアイテムを追加することができます。例えば、新しいパラメーターを追加コマンドをクリックすることで、SPS とデザイン概要のパラメーターリストへ新たなパラメーターが追加されます。

セクション内にある各アイテムにはコンテキストメニューが含まれており、そのアイテムを右クリックするか、コンテキストメニューアイコン ic_contextmenu (アイテムの右側にある下向きのアイコン)をクリックすることで表示されます。  

コンテキストメニューに含まれている削除アイコンを選択することで、選択されたアイテムを削除することができます。このコマンドは、コンテキストメニューコマンドからも利用することができます。

コンテキストメニューコマンドにある XMLSpy でファイルを編集を選択することで、Altova XMLSpy にてファイルを編集することができます。

コンテキストメニューコマンドにある上へならびに下へコマンドは、モジュールセクション内に 複数の モジュール が表示されており、そのうち1つのモジュールが選択されている際に有効になります。選択したコマンドにより、選択されているモジュールの位置を変更することができます。

 

ソース

ソースセクションのリストには、スキーマと、 SPS をベースにしている 作業用 XML ファイル と テンプレート XML ファイル が表示されます。(右クリック、またはコンテキストメニューアイコン ic_contextmenu をクリックすることで表示される)コンテキストメニューへアクセスし、適切な割り当て... オプションを選択することで、これらのファイル選択を変更することができます。

 

XMLSpy  Enterprise Edition では、複数のスキーマソースを SPS にて使用することができます。Enterprise Edition では新たなスキーマソースを追加コマンドを使用することで、スキーマソースを新たに追加することができます。2つ以上のスキーマソースが表示されている場合、これらのうちの1つをメインスキーマソースとしてセットする必要があり、ヘッダーの隣に表示される(メイン)という単語でその旨が示されます。デフォルトでは、最初に追加されたスキーマソースが、メインのスキーマソースとなります。異なるスキーマソースをメインスキーマとしてセットするには、コンテキストメニューからメインスキーマソースとしてセットコマンドを選択します。

 

モジュール

モジュールセクションには、アクティブな SPS により使用されている SPS モジュール が表示されます。新しいモジュールを追加コマンドをクリックし、目的の SPS ファイルを選択することで、新たなモジュールをリストへ追加することができます。

 

モジュールが表示される順序 には意味があるため、複数のモジュールが表示されている場合、(モジュールのコンテキストメニューからアクセスすることができる)上へ/下へコマンドによりモジュールの順序を変更することができます。コンテキストメニューには、StyleVision にて選択されたコマンドを開くためのコマンドも用意されています。

 

メモ:デザイン概要サイドバーではモジュールの概要を確認することができ、ファイルレベルでモジュールの管理を行うことができます。様々な モジュール オブジェクト (モジュール内部のオブジェクト)は デザインツリー サイドバーに表示されます。

 

CSS ファイル

CSS ファイルセクションには、アクティブな SPS により使用されている CSS ファイルが表示されます。新しい CSS ファイルを追加コマンドをクリックして、目的の CSS ファイルを選択することで、新たな CSS ファイルがリストへ追加されます。 CSS ファイルが表示される順序 には意味があるため、複数のファイルが表示されている場合、(コンテキストメニューからアクセスすることができる)上へ/下へコマンドが選択可能になります。目的のコマンドをクリックすることで、選択された CSS ファイルを移動することができます。コンテキストメニューには、選択されたモジュールを XMLSpy にて開くためのコマンドも用意されています。

 

メモ:デザイン概要サイドバーでは CSS ファイルの概要を確認することができ、ファイルレベルで CSS ファイルの管理を行うことができます。CSS ファイル内にある様々な CSS ルール は、 スタイルレポジトリ サイドバーに表示されます。

 

パラメータ

パラメーターセクションには SPS 内にあるグローバルパラメーターが表示されます。セクションの下部にある新たなパラメーターを追加コマンドを使用することで、新たなパラメーターを追加することができます。パラメーター名や値をダブルクリックすることで、それぞれ名前や値を編集することができます。パラメーターを削除するには、目的のパラメーターを選択して、コンテキストメニューから削除コマンドをクリックする必要があります。

 

XSLT ファイル

XSLT ファイルセクションには、SPS 内にインポートされた XSLT ファイルが表示されます。これら XSLT ファイルに含まれている XSLT テンプレートは、グローバルテンプレートとしてスタイルシートにて利用可能になります。この機能の詳細については、: XSLT テンプレートを参照ください。

 

 

 

(C) 2019 Altova GmbH