サイドバー

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーインターフェイス >

サイドバー

サイドバー(またはサイドバーウィンドウ)は SPS のデザインを行うための GUI コンポーネントで、アクティブなビューに関する情報を提供します。以下に示される各サイドバーについては、このセクションのサブセクションにて解説されます。

 

デザイン概要
スキーマツリー
デザインツリー
スタイルレポジトリ
スタイル
プロパティ
プロジェクト

 

ビューのレイアウト

ビューのレイアウトとは、そのビューでどのサイドバーが利用可能なのかと、これらサイドバーが GUI にてどのように配置されているかのことを指します。レイアウトは個々のビューカテゴリーに対してカスタマイズすることができ、カスタマイズは、(i) ビューにおける個々のサイドバーの表示(表示メニュー、またはサイドバーのタイトルバーを右クリックして、「隠す」を選択する)と、(ii) 必要に応じて GUI にてサイドバーを配置するという2つから構成されます。この方法により定義されたレイアウトは、そのビューカテゴリーに対して保持されます。例えば、デザインビューにてスタイルサイドバーを除く全てのサイドバーが表示されていた場合、次回デザインビューレイアウトが変更されるまで、このレイアウトがデザインビューに対して保持されます。出力プレビュー(HTML、RTF、PDF、Word 出力プレビュー (HTML、RTF、PDF、Word 2007+ プレビュー) に対して定義されたレイアウトは、全ての出力プレビューに対して適用されることに留意してください。 ビューカテゴリーは以下のとおりです: (i) ドキュメントが開かれていない、(ii) デザインビュー、 (iii) 出力ビューと (iv) Authentic View.

 

サイドバー ウィンドウのドッキングとフロート

サイドバーウィンドウは StyleVision GUI に対してドックするか、画面上にフロート状態にすることができます。ウィンドウをドックするにはタイトルバーをドラッグし、ドラッグする際に表示される矢印にドラッグしてください。内側に表示される矢印へドロップすることで、矢印が表示されたウィンドウの内側に対してドラッグされたウィンドウを配置することができます。外側にある矢印へウィンドウをドロップすることで、矢印の表示されているウィンドウの縁にドッキングが行われます。ウィンドウをフロート状態にするには、(i) タイトルバーをダブルクリックするか、(ii) タイトルバーをドラッグして、画面上に表示される矢印以外の場所でドロップしてください。

 

その他にも、以下のメカニズムを使用することができます。ドックされたウィンドウをフロート状態にするには、ドックされたウィンドウの右上にある メニューボタンをクリックして、フロートを選択します。このメニューへは、ドックされたウィンドウのタイトルバーを右クリックすることでもアクセスすることができます。

BtnDesignEH_Menu

 

フロート状態のウィンドウをドッキングするには、そのウィンドウのタイトルバーを右クリックして、表示されるメニューからドッキングを選択します。最後にドッキングが行われた場所にウィンドウがドッキングされます。


 

デザインサイドバー ウィンドウを自動的に隠す

ドックされたウィンドウは自動的に隠すこともできます。サイドバーウィンドウが自動的に隠れるように設定されている場合、GUI の端にタブというかたちで最小化されます。以下のスクリーンショットでは、6個あるサイドバーが自動的に隠された状態になっています。

 

GUI_AutoHideAllEnt

 

マウスカーソルをタブ上に配置することで、メインウィンドウにウィンドウが表示されます。以下にあるスクリーンショットでは、スタイルタブの上にマウスカーソルを配置することで、スタイルサイドバーがメインウィンドウ上に表示されます。

 

GUI_AutoHideAll_RollOut

 

マウスカーソルを表示されたウィンドウの外側へ、またはタブとは別の場所に移動させると、そのウィンドウがタブとして GUI の端に再度収まります。

 

自動的に隠す機能は、頻繁には使用しないサイドバーを GUI に表示させず、必要な時にだけアクセスするような場合に便利な機能となります。この機能により、デザインサイドバーウィンドウへ簡単にアクセスすることができるとともに、メインウィンドウで更なるスペースを使えるようになります。

 

ウィンドウを自動的に隠すためには、ドッキングされたウィンドウの右上にある自動的に隠すボタン(ピンのかたちをしたアイコン)をクリックします。それ以外にも、ウィンドウのタイトルバーを右クリックするか、ドッキングされたウィンドウのタイトルバーにあるメニューボタンをクリックすることで表示されるメニューから、自動的に隠すオプションを選択して、この機能を有効にすることができます。

 

BtnDesignEH_AutoHideSwitchOn

 

ウィンドウが自動的に隠されるようになります。

 

特定のウィンドウに対して自動的に隠す機能を無効にするには、マウスカーソルをそのタブへ移動してウィンドウが表示された状態で、自動的に隠すボタンをクリックします。それ以外にも、ウィンドウのタイトルバーを右クリックするか、ドッキングされたウィンドウのタイトルバーにあるメニューボタンをクリックすることで表示されるメニューから、自動的に隠すオプションの選択を無効にすることでも、この機能を無効にすることができます。

 

BtnDesignEH_AutoHideSwitchOff

 

メモ:サイドバーウィンドウの自動的に隠す機能が無効になっている場合、そのウィンドウのピンアイコンが下に向かって表示され、有効になっている場合は、ピンの向きが左方向の状態で表示されます。

 

サイドバー ウィンドウを隠す (閉じる)

サイドバーウィンドウが隠されると、GUI 上から直接確認することはできません。サイドバーウィンドウは最大化された状態(ドッキングまたはフロート状態)か、最小化された状態( 自動的に非表示にする機能により GUI の端に表示されるタブとして)でのみ表示されます。

 

ウィンドウを隠すには、ドッキングまたはフロート状態にあるウィンドウの右上に表示されている閉じるボタンをクリックします。それ以外にも、ウィンドウのタイトルバーを右クリックするか、ドッキングされたウィンドウのタイトルバーにあるメニューボタンをクリックすることで表示されるメニューから、隠すを選択することができます。

 

隠されている(閉じられている)状態のウィンドウを再度表示するには、 表示 メニューから目的のデザインサイドバーの名前を選択します。デザインサイドバーウィンドウが、隠された時の位置と状態(ドッキングまたはフロート状態)で再度表示されます。

 

 

 


(C) 2019 Altova GmbH