このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

それぞれ 4つの 出力ビュー タブ搭載されており、 HTML、RTF、PDF、Word 2007+ 出力に対応しています。 それぞれの出力ビュー タブ (以下のイメージを参照) は、以下を表示します: (i) その出力に対応した XSLT スタイルシート、 (ii) XSLT スタイルシートにより 作業用 XML ファイル を変換することで得られた出力のプレビューが表示されます。 PDF プレビュータブでは、(i) XSLT-FO (XSLT スタイルシート)で XML ドキュメントを処理することで得られる FO ドキュメントを表示する XSL-FO と、(ii) PDF 出力に対して FO ドキュメントを処理した際に得られる FO プロセッサーの出力を表示する FO 結果という2つのタグオプションが更に用意されています。

 

出力ビュータブでは、XSLT スタイルシートと出力プレビューの切り替えを出力ビュータブのドロップダウンボタンから行うことができ、目的に応じて XSLT オプションまたは出力プレビューオプションを選択することができます。

 

GUIMainWinEntOutput

 

XSLT ビュー

ビューには、現在アクティブな SPS により 出力フォーマットに対して生成された XSLT スタイルシートが表示されます。XSLT ビューが選択されるたびにスタイルシートは新たに生成されます。

 

出力ビュータブに表示されるスタイルシートには、行番号や展開/縮退アイコンも表示されます。左側の余白にある + ならびに - アイコンをクリックすることで、要素の展開/縮退を行うことができます。XSLT ビューに表示されたスタイルシートを編集することはできませんが、テキストの検索を行い(「 編集 | 検索」を選択)、クリップボードへのコピーを行うことはできます(「 編集 | コピー」を使用)。

 

メモ:SPS に対して使用して得られた出力が表示されます。 「ファイル | 生成されたファイルの保存」 コマンドを使用することで、個別に生成、保存することができます。

 

出力 プレビュー

出力 では、作業用 XML ファイル出力フォーマットに対して生成された XSLT スタイルシートが表示されます。

(C) 2019 Altova GmbH