このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

メインウィンドウ(Authentic eForm タブ)の Authentic View タブでは、Authentic View にて作業用 XML ファイルの閲覧と編集を行うことができます。このビューでは、(i) Authentic XML ドキュメントがどのように表示されるかを確認、そして (ii) SPS により作成された Authentic View の試験を行うことができます。この機能は、Authentic View の動的な機能を試験するのに特に重要なものとなります。例えば、以下のような状況で、Authentic View の動作を試験することができます:

 

新たな要素や属性を追加する

新たな段落やテーブル行を追加する

条件テンプレートが影響を受ける値を変更する

 

GUIMainWinEntAuth

 

Authentic View と 作業用 XML ファイル

Authentic View を表示するには、作業用 XML ファイルをアクティブな SPS ドキュメントへ 割り当てる必要があります。 作業用 XML ファイルは、SPS がベースにしているスキーマに対して妥当となっている必要があります。

 

StyleVision により作業用 XML ファイルをベースにした一時的な XML ファイルが作成され、この一時的なファイルがメインウィンドウの Authentic View タブに表示されます。Authentic View にて作成された変更点は一時的な XML ファイルに対して反映されます。(「 ファイル | Authentic XML データを保存する」メニューコマンドにより)明示的に変更点を保存しない限り、作業用 XML ファイルそのものは変更されません。

 

作業用 XML ファイルが割り当てられていない場合、 Authentic View タブをクリックした際に、作業用 XML ファイルを割り当てるように促されます。

 

制限

メインウィンドウ内の Authentic View は、以下の点を除き XMLSpy ならびに Authentic Desktop にて利用することができる Authentic View と同等の機能を有しています:

 

Authentic View 入力ヘルパーを GUI にて利用できません。ノードの挿入や追加を行うには、右クリックしてコンテキストメニューを使用します。

CALS/HTML テーブルを挿入することができません。

テキスト状態アイコンを利用することができません。

 

これらの機能をテストするには、XMLSpy または Authentic Desktop に搭載されている Authentic View を使用してください。Authentic View を使用する方法に関する詳細は、Authentic View 内での編集を参照ください。それ以外の情報については、XMLSpy または Authentic Desktop ユーザーマニュアルに含まれている Authentic View チュートリアルを参照ください。

 

(C) 2019 Altova GmbH