このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

DB から生成されたスキーマをベースに SPS をデザインすることができるほか、DB ベースのスキーマ(DB スキーマ)をスキーマソースとして使用することができます。以下にあるいずれかの方法により、スキーマソースとして DB スキーマを作成することができます:

 

SPS が DB から(「ファイル | 新規作成 | データベースから新規作成」または「ファイル | 新規作成 | DB テーブルの XML カラムから新規作成」により)直接作成された場合、新規 SPS に対して DB スキーマが生成されます。

スキーマソースを持たない空の SPS や、既存の非 DB スキーマソースを含む SPS に対してDB スキーマを( デザイン概要サイドバーから)追加することができます。

 

DB スキーマ生成コマンドにより一時的な XML スキーマが選択された DB から生成され、スキーマソースとして スキーマツリー サイドバー に表示されるほか、XML DB から DB ベースのスキーマ(DB スキーマ)がロードされます。DB という名前の(しかし DB とは無関係の)要素がドキュメント要素として作成され、このドキュメント要素内に DB 構造が作成されます。スキーマの生成過程にて、データベースからインポートするテーブルやデータを選択するように促されます。これらのデータベーステーブルは DB 要素の子要素として XML スキーマ内に作成されるとともに、グローバルテンプレートリスト内のアイテムとして表示されます。

 

DB から XML スキーマを作成する

DB から XML スキーマを作成するには、2つのステップを踏むことになります:

 

データベースへの接続: このステップでは、(MS Access DB の)DB ファイルへのアクセスや、(MS Access DB 以外の)データベースに対する接続文字列を構築します。. ADO 接続のみがサポートされていることに注意してください。 これは、 ADO がコマンドサポートを形作り、階層順なデータの作成をサポートするからです。

DB データの選択 : このステップでは、データベースのテーブルやデータ構造が選択されます。非 XML DB の場合、一時的な XML スキーマが生成され、選択されたデータテーブルをベースにした XML ファイルが作成されます。

 

スキーマソースがスキーマツリーに一旦表示されると、 SPS のデザインを開始することができます。一時的な XML ファイルは出力プレビュータブがクリックされるたびに作成されます。生成された XML スキーマに従うかたちで XML ファイルは構築され、選択された DB テーブルから得られたデータが含まれます。

 

(C) 2019 Altova GmbH