このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

CALS/HTML テーブルでは XML による階層構造が表示され、その要素により (i) CALS または HTML テーブルの構造を定義、(ii) そのテーブルのフォーマットを指定、そして (iii) そのテーブルのコンテンツを含むことができます。XML の構造は、CALS または HTML テーブルのモデルに正確に対応する必要があります。

 

以下の方法により CALS/HTML テーブルを作成することができます:

 

1.XML 構造を CALS/HTML テーブル構造として定義する

2.テーブルのためのスタイルのフォーマットを指定する  

3.SPS デザイン内に CALS/HTML テーブルを挿入する

 

CALS/HTML テーブルが出力されるようにする

XML ドキュメントにはテーブルの構造とコンテンツを定義するデータ構造を含めることができます。例えば、以下の XML データ構造は HTML テーブルモデルに対応しており、HTML テーブルモデルと同一の要素名が含まれています。

 

<table>

<tbody>

  <tr>

    <td/>

  </tr>

</tbody>

</table>

 

以下の例で示されるように、HTML テーブルモデルと要素名は異なるものの、HTML テーブルモデルの構造に対応した XML データ構造を使用することもできます。

 

<semester>

<subject>

  <class>

    <student/>

  </class>

</subject>

</semester>

 

XML ドキュメントにて定義されたこのテーブル構造は、異なる出力フォーマットにてテーブルを直接生成するために使用することができます。テーブルを生成するには、この XML データを CALS または HTML テーブルとして定義する必要があります。XML データ構造が CALS や(デフォルトの)HTML テーブルとして定義されていない場合、データ構造内にある要素は一般的な非テーブル要素として扱われ、出力ドキュメントにテーブルマークアップが使用されることはありません。

 

以下の方法により CALS/HTML テーブルマークアップを生成することができます:

 

1.メニューオプションから「テーブル | CALS/HTML テーブルの編集」を選択します。

2.ポップアップが表示されるので、CALS/HTML テーブルとして使用する XML データ構造を入力します。CALS テーブルモデルに関する情報については、 CALS テーブル モデル at OASIS を参照ください。HTML テーブル構造を含むテーブル要素の例については、(プロジェクトウィンドウにある)Example プロジェクトフォルダーの Basic フォルダーに収められている HTMLTable1.sps を参照ください。スキーマ内にある要素を CALS または HTML テーブル要素として有効化するには、ダイアログの左上にある CALS/HTML テーブルボタンをクリックして、CALS テーブルの追加または HTML テーブルの追加コマンドを選択してください。以下のスクリーンショットでは、table ならびに informaltable が CALS テーブルとして、その他の HTML テーブルとともに作成されています。「OK」 をクリックして確定してください。

CHTablesEditDlg

 

3.選択された型のテーブルで使われる全ての要素が含まれるダイアログ(HTML テーブルの編集)が表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。このダイアログにデフォルトで表示される要素名は、選択されたテーブルモデルの要素名となっています(CALS または HTML)。SPS ファイルスキーマ内に、CALS/HTML テーブルモデルの名前と同じ名前の要素がある場合、それらの名前が黒色で表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。表示されている要素名が SPS スキーマ内に存在しない場合、要素名は赤色で表示されます。表示されている要素名をダブルクリックして名前を編集することで、スキーマ内の要素名にマッチさせることができます。

 

CHTablesEditHTMLTableDlg

 

4.「OK」 をクリックして、XML データ構造を CALS または HTML テーブルとして定義します。

5.入力できる XML データ構造の数に限りはありません(ステップ 2. のスクリーンショットを参照)。同一のメイン要素を CALS と HTML テーブル型の両方に使用することもできます。

6.CALS/HTML テーブルとして使用する XML データ構造の定義を完了したら、「OK」 をクリックしてください。

 

CALS/HTML テーブルが定義され、XML データ構造が CALS/HTML テーブルとして 正しく挿入 されたら、データ構造がテーブルとして出力に送信されます。CALS/HTML テーブル定義を削除するには、CALS/HTML テーブルの編集ダイアログにて削除する定義を選択し、ペインの上部にある削除ボタンをクリックしてください。

 

テーブルのフォーマット

CALS/HTML テーブルは2種類の方法によりフォーマットを指定することができます:

 

1.ソース XML ドキュメントにあるフォーマット属性から:CALS ならびに HTML テーブルモデルではフォーマット属性を受け取ることができます。ソース XML ドキュメント内にそのような属性が存在する場合、出力のテーブルマークアップにそれらの値が渡されます。

2.CALS テーブルの編集または HTML テーブルの編集ダイアログに表示された個々の要素に対してスタイルを指定(以下のスクリーンショットを参照)。

 

CHTablesStyles

 

特定の要素に対してスタイルを割り当てるには、その要素のとなりにあるスタイルの追加ボタンをクリックして、表示される スタイル サイドバー にて目的のスタイルを割り当てます。各スタイルが、独立した CSS 属性としてその要素へ追加されます。style 属性により追加されたスタイルは、個々の CSS 属性により追加されたスタイルよりも優先される点に注意してください。例えば、<thead style="background-color: red" bgcolor="blue"/> という要素では、style="background-color: red" 属性が bgcolor="blue" 属性より優先されます。

 

CALS/HTML テーブル定義にて割り当てられたスタイルを削除するには、その要素を選択(例えば、上のスクリーンショットにおける thead 要素)して、削除ボタンをクリックします。その要素のスタイルが削除されます。

 

CALS/HTML テーブルをデザインに挿入する

CALS/HTML テーブル構造をデザインへ挿入するには2種類の方法があります:

 

1.テーブル要素の親を (コンテンツ) としてデザインに挿入する:親のコンテンツが処理される際に、テーブル要素も処理されます。CALS/HTML テーブル出力が有効になっている場合、要素がテーブルとして出力されます。そうでない場合、テキスト形式の出力が行われます。

2.テーブル要素をスキーマツリーからドラッグする:目的の場所にドロップし、CALS/HTML テーブルの作成コマンドを選択することで、CALS/HTML テーブルを作成することができます。要素がCALS/HTML テーブルとして定義 されていない場合、CALS/HTML テーブルの挿入ダイアログが表示され、CALS または HTML テーブルとして要素を定義することができます(以下のスクリーンショットを参照)。

 

CHTableInsert

 

CALS/HTML テーブルとして要素がデザインで作成されると、CALS/HTML テーブルデザイン要素のプレースホルダがその場所へ挿入されます(以下のスクリーンショットを参照)。

 

CHTablesCreateAsCHTable

 

テーブル要素のグローバルテンプレート

以下のテーブル要素の グローバルテンプレート が作成されている場合、それらが CALS/HTML テーブル出力内部で使用されます。CALS テーブル: titleentry。HTML テーブル: captionthtd

 

サンプルファイル

サンプルファイルは(プロジェクトウィンドウ内部の)Examples プロジェクトフォルダー内に収められています。

 

 

 

(C) 2019 Altova GmbH