このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

ラインは(レイアウトボックスではなく レイアウトコンテナー内に挿入 した後に、レイアウトコンテナー内で 選択、移動や大きさの変更 を行い、 プロパティの割り当てや、レイアウトボックスならびにラインからなる レイアウトアイテムの表示順序を変更 することができます。

 

ラインを挿入する

以下の操作により、ラインをレイアウトコンテナーに追加することができます:

 

1.デザイン要素の挿入 ツールバーにあるラインの挿入アイコンをクリックします。

2.追加するラインの起点となるレイアウトコンテナー内の位置をクリックします。

3.マウスボタンを離すこと無く、起点から終点までマウスをドラッグします。終点にてマウスボタンを離します。

 

黒色のラインが挿入されます。両端には起点と終点を表すためのドットが表示されます。

 

ラインを選択、移動、大きさを変更する

メインウィンドウでは、以下のドラッグアンドドロップ機能を使用することができます:

 

ラインを選択するには、ラインの一部をクリックします(ラインの上部にカーソルがある場合、マウスポインターが移動状態になります)。ラインを選択した後には、プロパティがプロパティサイドバーに表示され、編集を開始することができます(以下を参照)。

ラインを移動するには、ラインが選択されている状態で、目的の場所へドラッグします。ラインが選択されている状態で矢印キーを押下することでも、上下左右へラインを移動することができます。

ラインの大きさや方向をグラフィカルに変更するには、起点または終点を選択し、大きさや方向を変更するように移動してください。Shift キーを押下しながら矢印キーを使用することでも、ラインの大きさや方向を変更することができます(矢印キーにより、終点が移動されます)。

 

ラインプロパティ

ラインが選択されている場合、そのプロパティがプロパティサイドバーに表示され、プロパティの編集を行うことができます(以下のスクリーンショットを参照)。ラインを右クリックして、ラインプロパティを編集を選択することでも、ラインのプロパティを編集することができます。

 

LayoutLineProps

 

プロパティサイドバーでは、以下のラインプロパティを編集することができます:

 

color : ラインの色を指定します。デフォルトでは黒色となっています。

大きさと位置 : x-軸(水平)ならびに y-軸(垂直)の位置によりラインの起点と終点の位置を指定することができます。レイアウトコンテナーの左上が原点 (x=0, y=0) となります。

width : ラインの太さを指定します。

 

ラインと表示順序

重ね合わせになっているレイアウトボックスやその他のラインと、あるラインが同じ位置にある場合、そのラインのコンテキストメニューに表示される順序メニューコマンドを使用することで、前面や背面へ移動することができます。これらのコマンドを使用することで、ラインを (i) 最も近いアイテムに対して移動(前面へ移動ならびに背面へ移動コマンド)、または (ii) 全てのアイテムに対して移動(最前面へ移動ならびに最背面へ移動コマンド)することができます。

 

LayoutLineStacking

 

上のスクリーンショットでは、以下の順序で重ね合わせが表示されます:緑色のボックス、赤色のライン、黒色のライン、青色のボックス

 

 

 

(C) 2019 Altova GmbH