このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

レイアウト内にある全てのデザイン要素(静的テキストやスキーマノード、自動計算、イメージ、リストなど)は、レイアウトボックス内に配置する必要があります。デザイン要素を含んだレイアウトボックスは、必要に応じてレイアウトコンテナーに配置されます。デザイン要素をレイアウトコンテナーに直接配置することはできず、レイアウトボックス内部に配置する必要があります。

 

このセクションでは以下のサブセクションにより、レイアウトボックスの使用方法について説明します:

 

レイアウトボックスの挿入

レイアウトボックスの選択と移動

レイアウトボックスのサイズを修正

レイアウトボックス スタイルプロパティの定義

レイアウトボックスにコンテンツを挿入

レイアウトボックスの表示順序

 

 


 

 

レイアウトボックスの挿入

レイアウトボックスは レイアウトコンテナー の中にだけ挿入することができます。レイアウトボックスを追加するには デザイン要素の挿入 ツールバーにあるレイアウトボックスの追加アイコンをクリックして、レイアウトボックスを挿入するレイアウトコンテナーの場所をクリックします。クリックされた場所が左上端となるようなかたちでレイアウトボックスが挿入されます。レイアウトボックスは透明で境界線を持たず、デフォルトのテキストが表示されます。

 

レイアウトボックスの選択と移動

レイアウトボックスの左または上側にある境界線までカーソルを移動させ、カーソルが移動状態になった状態でクリックすることで、レイアウトボックスを選択することができます。マウスボタンを押下しながら、レイアウトボックスをレイアウトコンテナー内にある他の場所へ移動することもできます。レイアウトボックスが選択された状態で矢印キーを押下することでも、レイアウトボックスを移動することができます。レイアウトボックスが選択されると、関連するプロパティやスタイルがそれぞれのサイドバーに表示されます。

 

レイアウトボックスのサイズを修正

各レイアウトボックスにはサイズの自動調整という名前のプロパティが含まれています(以下のスクリーンショットを参照)。このプロパティの値を yes にセットすることで、挿入された任意の(マークアップを含む)コンテンツに合わせるかたちでレイアウトボックスの大きさが自動的に調整されます。自動調整の値が no にセットされた場合、コンテンツが挿入されてもレイアウトボックスの大きさが自動的に変更されることはありません。

 

右および下側の境界線をドラッグすることで、レイアウトボックスの大きさを手動で変更することができます。矢印キーを使用することでもレイアウトボックスの大きさを変更することができます。まず レイアウトボックスを選択 し、Shift キーを押下しながら、矢印キーを押下することで、レイアウトボックスを目的の大きさに変更することができます。

 

LayouBoxAutoResize

 

追加高さ追加幅プロパティにより、自動調整にて決定される大きさを広げることができます。追加幅と追加高さは、レイアウトボックスの大きさが手動で変更された際に、新たに計算されます。反対に、これらの値を変更することでも、レイアウトボックスの大きさを変更することができます。

 

メモ:レイアウトボックスでは Enter キーを押下することで改行が入力されます。改行を含まないコンテンツが追加されると、その行の長さがレイアウトボックスの幅とともに大きくなり、追加幅の値が影響されることになります。

 

レイアウトボックス スタイルプロパティ

レイアウトボックスのスタイルプロパティは、スタイルサイドバーにあるレイアウトボックスにてセットすることができます(以下のスクリーンショットを参照)。スタイルはレイアウトボックスの選択時に表示され、編集することができます。

 

LayouBoxStyles

 

メモ:(透明を意味する)transparent という値を、background-color のプロパティコンボボックスから選択することができます(カラーパレットから選択することはできません)。以下で説明されるように、レイアウトボックスが重なり合う際にこの値を使用することができます。

 

レイアウトボックスにコンテンツを挿入

レイアウトボックスには SPS と同様の方法で任意のデザイン要素を挿入することができます。 レイアウトコンテナー または Layout Line はレイアウトボックスに挿入できないことに注意してください。留意すべき点を以下に示します:

 

コンテキストノードが必要なデザイン要素が挿入された場合、カレントノードがコンテキストノードとして使用されます。レイアウトモジュールの作成に使用されたノードがカレントノードになります。

レイアウトボックス内のテキストコンテンツは、時計回りまたは反時計回りに90度回転させることができ、上から下、または下から上の方向へテキストを表示することができます。デザインにて回転させるテキストを選択し、プロパティサイドバーにあるレイアウトボックスグループを選択します。方向プロパティにて目的の値を選択してください。

 

VerticalTextLayoutBox

 

以下の点に注意してください:

 

出力にて文字は回転されますが、デザインではそのように表示されません。

このプロパティは テーブルセル内のテキストにも適用することができます。

 

レイアウトボックスの表示順序

レイアウトボックスは重ね合わせて表示することができます。あるレイアウトボックスが別のレイアウトボックスの上に配置されると、レイアウトボックスが透明になっていない場合、覆われたレイアウトボックスが別のレイアウトボックスにより隠れてしまいます。レイアウトボックスを重ね合わせることで最前面にあるレイアウトボックスだけが完全に表示され、その他のレイアウトボックスは部分的にしか表示されないか、全く表示されなくなります。

 

LayoutBoxStacking

 

レイアウトボックスのコンテキストメニューにある順序メニューコマンドを使用することで、選択されたレイアウトボックスを前面または背面へ移動することができます。これらのコマンドを使用することで、レイアウトボックスを (i) 最も近いボックスに対して移動(前面へ移動ならびに背面へ移動コマンド)、または (ii) 全てのボックスに対して移動(最前面へ移動ならびに最背面へ移動コマンド)することができます。上のスクリーンショットでは、以下の順序によりボックスが配置されています。

 

左側の図 : オレンジ、緑、青

右側の図 : 青、緑、オレンジ

 

透明 (transparent) な背景(レイアウトボックスにデフォルトで使用される背景)をともなうレイアウトボックスは、特に複数のボックスが透明となっており、更に境界線を持たない際に、他のアイテムに対して順序が変更されていないように見えることもあります。以下のスクリーンショットでは、透明な背景が重ね合わせでどのように表示されるか示されます。

 

 

LayoutBoxStackingTransparent

 

メモ:レイアウトライン を、レイアウトボックスと一緒に追加することで、これらラインの順序を他のアイテムに対して移動することができます。

 

 

 

(C) 2019 Altova GmbH