チャート

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  SPS ファイル: コンテンツ >

チャート

SPS ではチャートにより、ソース XML ドキュメント内にあるデータを視覚的に表示することができます。 XSLT 2.0 または 3.0 を使用する SPS デザインでは、チャートの各軸に対してアイテムのシーケンスを指定することで、チャートのセットアップを行うことができます。その後様々な出力フォーマットにてチャートが自動的に生成されます。

 

SPS デザインにて作成することができる種類のチャートと、各チャートの軸に対して必要な種類のデータアイテムを以下のテーブルに示します。各軸に対して使用されるデータセットは XPath 条件式により別々に指定することができます。

 

チャートの種類

X-軸
(カテゴリー)

Y-軸
(値)

系列 (Z-軸)の数

Pie チャート (2D、3D)

テキスト

数値

1

グループ化されていない棒グラフ (2D、3D)

テキスト

数値

1

グループ化された棒グラフ (2D、3D)

テキスト

数値

> 1

値折れ線グラフ

テキスト

数値

1 ライン = 1 系列

折れ線グラフ

数値

数値

1 ライン = 1 系列

エリアならびに

スタックされたエリアチャート

テキスト

数値

1 エリア = 1 系列

ローソク足チャート

テキスト

数値

3 または 4

ゲージ

数値

1

オーバーレイチャート

テキスト

数値

= 1 または > 1 チャートごとに

 

メモ:円グラフとゲージチャートに含まれる系列は1つだけで、名前を与える必要もありません。データの選択に系列名が入力されても、それらの値は無視されます。グループ化されていない棒グラフの場合、(系列の数が1つだけで)系列名がある場合、その値が凡例として使用されます。ゲージチャートの場合、系列名の入力だけでなく、X-軸の選択も無視され、Y-軸だけがゲージチャートの生成に使用されます。

 

チャートを挿入する

デザインにてチャートが作成される XML スキーマノードが、チャートの軸やその他のデータを選択する XPath 条件式のコンテキストノードとなります。そのため、目的のデータを選択するための XPath 条件式を簡単に構築するためには、チャートを適切なコンテキストノード内部に挿入する必要があります。

 

チャートを挿入するには、目的の場所を右クリックして、コンテキストメニューから「チャートの挿入」を選択します(またはメニューオプションから「挿入 | チャートを挿入」を選択します)。その他にも、 StyleVision ツールバーにあるチャートの挿入アイコンをクリックして、チャートを挿入する場所をデザインにて選択することでもチャートを作成することができます。チャート構成ダイアログが表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。

 

Click to expand/collapse

 

チャートの構成ダイアログは3つのパーツから構成されます。

 

単一または複数レイヤー: 複数のレイヤーを選択することで、オーバーレイチャートを作成することができます。オーバーレイチャートでは、個々のチャートをレイヤーとしてまとめて表示することができます。
チャートの設定: チャート(グラフ)の種類や、その外観を選択します。
チャートデータセレクター: シンプルオプション または フレキシブルオプションを使って、データや軸を選択することができます。

 

チャート構成ダイアログの 「OK」 をクリックすることで、デザイン内にチャートが挿入されます。

 

チャートの設定とデータ選択を編集する

チャートが作成された後にチャートの設定やチャートのデータ選択を行うには、デザインにてチャートを右クリックし、コンテキストメニューからチャート設定の編集を選択してください。この操作により、そのチャートのチャート構成ダイアログが表示されます。チャートの設定やデータの選択を終えた後は、「OK」 をクリックして操作を完了してください。

 

 

 


(C) 2019 Altova GmbH