このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

» このレベルの上のトピックは存在しません «

SPS コンテンツ

スクロール ホーム トップ その他

このセクションでは、XML データコンテンツのデザインを構成する SPS ドキュメントコンポーネントの作成ならびに編集を行う方法について説明します。様々な操作方法が以下のとおり記述されており、それぞれのセクション以下にあるサブセクションにて詳細が記述されます。これらメカニズムはメイングローバル、 または 名前付きテンプレートをデザインするために使用されます。

 

テキストとして XML コンテンツを挿入:関連するノード(要素、属性、型、または CDATA)をドラッグすることで、デザイン内に XML データを挿入し、(コンテンツ)または(その他のコンテンツ)として作成します。

MS Word コンテンツの挿入

ユーザー定義テンプレート

ユーザー定義要素, XML テキストブロック

テーブルとの作業: テーブルは (i) SPS デザイナーにより、(静的テーブル)や XML ドキュメントのサブ構造を使用することで SPS デザイン内に、または (ii) Authentic View ユーザーにより挿入することができます。

リストの作成: SPS デザイン内にリスト構造が入力される静的リストや、XML ドキュメントのサブ構造がリストとして作成される動的リストにより、パワフルなデータ並び替え機能を使用することができます。

イメージの使用: 様々な方法を使用することで、ターゲット URI (静的、動的、これらの混合、パースされていないエンティティ URI)から画像を SPS デザインへ挿入することができます。

チャート

データ入力デバイス (または フォームコントロール)の使用:入力フィールドやコンボボックスといったデータ入力デバイスにより、Authentic View にて XML データを入力することができます。この機能により、ユーザーへのヘルプや入力の制約が提供されます。XML ドキュメント内にある個々のノードをデータ入力デバイスとして作成することができます。

リンク

バーコード

レイアウト モジュール

変更機能: この機能を使用することで、テンプレートにマッチしたノードの選択を行い、別のコンテンツ型へノードを変更することが可能になります。

 

 

 

(C) 2019 Altova GmbH