このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

Authentic スクリプトを使用することで、デザイン要素の種類に限定されない一般的なユーザーアクションに反応するイベントハンドラーを定義することが可能になります。外部アプリケーションにある AuthenticView イベントに対して COM リスナーを追加するのと同様のメカニズムが使用されますが、デザイン内部に配置することで、編集がより簡単になります。

 

イベントハンドラースクリプトを追加するには、「Authentic | Authentic スクリプトの編集」メニューコマンドからスクリプトエディターを起動します。利用可能なイベントハンドラーが、プロジェクトペインの AuthenticView Events ノード以下に表示されます。

 

EventHandlers

 

イベントをダブルクリックすることで、スクリプトのテンプレートが表示されます。スクリプトペインにてイベントハンドラースクリプトのテンプレートを必要に応じて編集してください。イベントハンドラーの使用例については、コンテキストメニューアイテム上のマクロ を参照してください。

 

(C) 2019 Altova GmbH