このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

目次テンプレートは出力にて目次を生成するためのテンプレートのことで、SPS デザイン内の任意の場所で作成することができます。複数の目次テンプレートを1つの SPS デザインにて作成することもできます。

 

目次テンプレートを作成するためのステップを以下に記します:

 

1.目次テンプレートを挿入する箇所にカーソルを配置します。

2.メニューオプションから「挿入 | 目次を挿入 | 目次」を選択します。目次ページの作成ダイアログが表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。右クリックにより表示されるコンテキストメニューからも同じコマンドを選択することができます。

 

DlgCreateTOCPage

 

3.ダイアログにて必要な情報を入力します: (i) 目次ページの名前は、デザインドキュメントにある 目次ブックマーク の参照に使用される目次参照名のことです。 目次に対して複数のレベル(レベル参照)を選択した場合、同じ目次参照名が全ての名前参照に対して使用されます(個々の目次参照の名前を 後から編集することもできます)。(ii)  指定された 目次レベル参照 (levelrefs) の数により、目次内に含まれるレベル参照の数が決定されます。. (iii) 印刷媒体に対しては、ページ参照(ページ番号)の出力オプションが与えられています。 (iv) 目次内のテキストエントリーは、目次ブックマークに対するリンクとして使用することができます。

4.「OK」 をクリックすることで完了します。指定された数のレベル参照とともに目次テンプレートが作成されます。以下のスクリーンショットでは、目次テンプレートのフォーマットが修正されています。

 

TOCTemplate_Oview

 

各レベル参照内部には目次参照が含まれており、対応するレベル参照の目次アイテムとなる目次ブックマークを識別するための名前が目次参照には含まれています。各目次参照には目次アイテムに対するデフォルトテンプレートが含まれており、必要な時には いつでも編集することができます。

 

テンプレート目次テンプレートの編集

以下にある編集オプションを利用することができます:

 

SPS における別の場所へ目次テンプレートをドラッグすることができます。しかし、この操作によりコンテキストノードが変更された場合、目次テンプレート内部にある XPath 条件式が影響を受ける場合もあります。

レベル参照 を目次テンプレートの構造へ追加、または削除することができます。

個々の目次参照におけるプロパティ (TOCrefs) を編集することができます。目次参照の名前ならびにスコープを変更し、目次参照に対応する目次アイテムがハイパーリンクとして作成されるかを指定することができます。

目次参照 を目次テンプレートのレベル参照へ追加、または削除することができます。

目次参照内にある目次アイテム は、標準的な StyleVision メカニズムにより CSS プロパティを介したフォーマットを行うことができます。

イメージ、自動計算、ブロックフォーマットコンポーネントといった標準的な SPS の機能は、目次テンプレートでも使用することができます。

 

 

 

(C) 2019 Altova GmbH