このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

目次ブックマークはドキュメントデザインの 目次レベル 内部に作成されます。目次ブックマークはメインテンプレートならびにグローバルテンプレート内部に作成することができます。目次ブックマークは、以下に記される2つの目的のために使用されます:

 

デザイン内にある静的ならびに動的コンポーネントを、与えられた名前によりマークします。マーキングはタグにより囲むかたち、または囲まないかたちで行われ、後者の場合は空のタグがデザインに表示されることになります。目次ブックマークの出力は、名前により識別されるアンカーとなります。名前を持ったアンカーが目次(テンプレート)内のアイテムにて参照されることになります。

目次ブックマークでは、目次アイテムのテキストとして使用されるテキスト文字列を定義することもできます。このテキスト文字列には、マーカーが配置されているノードの子要素にあるコンテンツ、または XPath 条件式を与えることができます。

 

目次ブックマークは、以下にあるいずれかの方法により作成することができます:

 

目次ブックマークの作成 ウィザード を使用する: 目次ブックマークの名前、そのテキストエントリー、自動的に番号が割り当てられるか、表示されるレベルを指定します。

空の目次ブックマークを挿入 する: ブックマークのプロパティを、ブックマークの作成後個別に指定することになります。

 

目次ブックマーク ウィザードにより目次ブックマークを作成する

以下に記される様に、目次ブックマークの作成ウィザードにより目次ブックマークを作成することができます:

 

1.目次ブックマークを作成するデザイン位置にカーソルを配置します。目次ブックマークにより囲まれるデザインコンポーネントを選択することもできます。

2.右クリックにより表示されるコンテキストメニューから「挿入 | 目次を挿入 | 目次ブックマーク(ウィザード)」を選択するか、目次ブックマークをノードで囲む場合、メニューオプションから「タグで囲む | 目次ブックマーク(ウィザード)」を選択します。目次ブックマークの作成ウィザードが表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。

 

DlgCreateMarker

 

3.ウィザードに表示される最初の画面(上のスクリーンショット)では、(i) 目次アイテムのテキスト、(ii) 目次ブックマークの名前、また (iii) 出力にてこの目次ブックマークに番号が与えられるかを指定することができます。テキストのエントリーには、子要素のテキストを使用するように指定することができるほか、XPath 条件式によるテキストの指定を行うことができます。目次ブックマークの名前には、テキストを直接入力することができるほか、定義済みの目次ブックマークの名前をドロップダウンリストから選択することができます。指定を終えた後は次へをクリックしてください。

4.次のウィザード画面では、目的に応じてテンプレート上に目次レベルを作成することができます。挿入ポイントから見た祖先テンプレートがツリーには表示されます。目次レベルにテンプレートが既に作成されている場合、シンボルによりその旨が示されます。以下のスクリーンショットでは、topic テンプレートの隣にあるシンボルにより、そのテンプレートがレベルとして作成されていることが示されます。祖先テンプレートにて別のレベルを作成する場合、そのテンプレートを選択してください。定義を後で行うチェックボックスにチェックを入れることで、レベルの定義を後から行うこともできます。選択を終えた後には完了をクリックしてください。目次レベルがテンプレート上に既に存在する場合、完了をクリックしてもそのテンプレートに目次レベルが作成されることはありません。

 

DlgCreateMarkerLevel

 

完了をクリックすると、目次ブックマークが挿入ポイントへ作成され、ウィザードにて指定されたテンプレート上に目次レベルが作成されます(テンプレートが指定された場合)。作成された目次ブックマークは、それを含んでいる目次レベル直下に配置されます。例えば目次レベルが目次階層レベルの3番目だとすると、作成された目次ブックマークは3番目の目次レベル内に配置されます。

 

目次ブックマークの作成

以下の操作により、属性(目次ブックマーク名ならびに目次アイテムテキスト)無しの目次ブックマークを作成することができます:

 

1.目次ブックマークを作成するデザイン位置にカーソルを配置します。目次ブックマークにより囲まれるデザインコンポーネントを選択することもできます。

2.右クリックにより表示されるコンテキストメニューから「タグで囲む | 目次ブックマーク」を選択するか、メニューオプションから「挿入 | 目次を挿入 | 目次ブックマーク」を選択します。名前やテキストエントリーが含まれない目次ブックマークが挿入されます。これら値の定義方法については、以下にある 編集コマンド を使用してください。

 

コンポーネントに対して階層的または連続下番号を挿入する

目次ブックマークには出力ドキュメントの(目次ブックマークではなく)メインボディーにおける階層的な、または連続した番号を挿入することができます。番号を挿入する場所を右クリックして、コンテキストメニューから「目次を挿入 | 階層的な番号付け / 連続的な番号付け」を選択します。例えば、章の名前を表すテンプレートの周りに自動番号の目次ブックマークを配置することにより、章の名前を表すテンプレートにより生成された全ての章に対して番号が生成されるようになります。

 

番号は目次レベルの構造をベースとしていることに留意してください。例えば、章のタイトル要素が最初の目次レベルとなっている場合、第4章がその目次レベルにおける4番目のタイトルインスタンスとなるため、そのタイトルには4という番号が与えられます。章の中にある節に対して番号付けが行われる場合、例えば第4章にある第3節には 4.3 という番号が与えられます。これは、最初の目次レベル(章)におけるインスタンスが4番目で、2番目の目次レベル(節)におけるインスタンスが3番目となるためです。

 

目次ブックマークの名前とテキストエントリーを編集

に表示されているプロパティを直接編集するか、目次ブックマークを右クリックして、編集するプロパティを選択し、これらのプロパティを編集することができます。プロパティウィンドウ に表示されているプロパティを直接編集するか、目次ブックマークを右クリックして、編集するプロパティを選択し、これらのプロパティを編集することができます。

 

WinPropsTOCBookmark

 

目次ブックマークには以下のプロパティが含まれています: (i) 目次ブックマーク(グループ)の名前、(ii) ユニーク ID、(iii) 参照されていないブックマークの削除、(iv) ブックマークのコンテンツまたは XPath 条件式により取得されるテキストエントリーオプション。

 

 

 

(C) 2019 Altova GmbH