このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

デザイン内にあるブックマークを目次に含めるには、2つのステップを踏む必要があります(ステップの順序に意味はありません)。

 

1.デザインドキュメントを目次レベルにてネストされた構造になるように構成する : デザインにおける目次レベルは、テンプレート上に、またはデザインコンポーネントの周りに作成することができます。以下のスクリーンショットでは、topic テンプレート tag_TOCLevelOnTemplateにて目次レベルが作成されています。

 

TOC_Levels

 

テンプレートにてレベルが作成されると、テンプレートの開始タグにその旨が表示されます(例:tag_TOCLevelOnTemplate)。コンポーネントの周りにレベルが作成された場合、目次レベルタグ tag_TOCLevelTags により目次レベルが表示されます。上のスクリーンショットでは、topics テンプレートコンポーネントがレベルにより囲まれることになります。これら2つの方法の違いは、 レベル内部のデザイン構造 セクションにて説明されます。 目次テンプレートの作成された場合、デザインにて作成されたレベルに対応するかたちで目次テンプレートを作成する必要があります。フラットな構造(レベル1つ)の目次においても、デザインには対応するレベルを含める必要があります。

2.目次ブックマークの作成 : 名前ならびに目次アイテムテキストを伴うデザインにて目次ブックマークを作成します。目次ブックマークはデザインコンポーネントを囲むかたちでデザインすることもでき、コンポーネントが囲まれない場合、空の要素として表示されます。以下のスクリーンショットでは、デザインコンポーネントを囲んでいない目次ブックマークが示されています。

 

TOCBkMkNonEnclosing

 

目次ブックマークはドキュメント内のアンカーとして動作します。上のスクリーンショットでは目次ブックマーク(アンカー)が para 要素インスタンスの開始タグに配置されています。目次ブックマークには、(i) 目次テンプレート内にある目次アイテムを作成する際に目次ブックマークを参照するための名前と、(ii) 対応する目次アイテムのテキストとして使用されるテキスト文字列という、2つの属性が含まれています。これら2つの属性の割り当て方法については、 目次ブックマークの作成セクションを参照ください。

 

目次テンプレートにてブックマークされたアイテムを参照する

(デザインテンプレートのメインボディーに作成されたレベルとは違う)レベル参照という名前のネストされたレベル内に TOC テンプレート は作成されます。各レベル参照 tag_TOCRefLevelTag 内部には、目次参照 tag_TOCRef3 が挿入されます(以下のスクリーンショットを参照)。レベル参照内にある目次参照からは、(目次ブックマークの名前による)目次ブックマークへの参照が行われます。XML ドキュメント内部の対応するレベルにある指定された名前を持った目次ブックマークが、目次内のアイテムとして作成されます。例えば tag_TOCRef2 というタグにより表示される目次参照により、XML ドキュメント内の対応するレベルにある chapters という名前の全目次ブックマークが参照されることになります(目次参照のスコープが current にセットされていた場合)。インスタンス化された目次ブックマークのテキスト属性が目次アイテムのテキストとして使用されます。

 

TOCTemplate_Oview

 

上のスクリーンショットに示される目次テンプレートでは、3つのレベル参照がネストされており、各レベル内にある目次参照にはそのレベルの目次アイテムに対するテンプレートが含まれています。例えば、最初のレベル参照には MyTOC tag_TOCRef3という名前の目次ブックマークを参照する目次参照が与えられています。これにより、最初のレベル内にある MyTOC という名前を持った全ての目次ブックマークが、出力に表示される目次からアクセスできるようになります。同様に、ドキュメントの2番目のレベルにある MyTOC という名前の目次ブックマークが、目次の2番目のレベルから参照されるようになります。ドキュメント3番目のレベルにある MyTOC という目次ブックマークが、目次内の3番目のアイテムにより使用されます。

 

このセクション以下にあるサブセクションでは、(i) デザイン内部でレベルを構築する方法 について、そして (ii) ブックマークの作成方法について説明します。 目次テンプレートの作成 は、目次テンプレートの作成のセクションで説明されています。

 

 

 

(C) 2019 Altova GmbH