このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

ブックマーク(ハイパーリンク)は、カーソルの配置位置、または SPS コンポーネントの周りと、 SPS における任意の場所にて挿入することができます。

 

ブックマークの挿入ダイアログを使用することで、ブックマークを SPS 内部に作成することができます(以下のスクリーンショットを参照)。このダイアログでは静的または動的なブックマークの名前を定義することができます。動的な名前とは、(i) XML ドキュメントのコンテツから得られた値、または (ii) XPath 条件式により生成された値のことです。

 

ブックマークの作成

以下の操作によりブックマークを挿入することができます:

 

1.ブックマークを作成する箇所にカーソルを配置します。
2.メニューオプションから「 挿入 | ブックマークの挿入」を選択するか、右クリックにより表示されるコンテキストメニューから「ブックマークを挿入」を選択します。
3.ブックマークの挿入ダイアログが表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。作成されるブックマークが静的なテキストの場合は静的タブを、名前が XML ドキュメントや XPath 条件式から動的に取得される場合は動的タブを、静的ならびに動的なパーツから構成される場合には静的ならびに動的タブを選択してください。以下のスクリーンショットでは、コンテキストノード以下の Name 子要素に対してユニークな名前を持った動的なブックマークが作成されます。

 

dlg_insert_bookmark

 

4.「OK」 をクリックすることでブックマークが定義されます。

 

作成されたブックマークはハイパーリンクから参照することができます。

 

メモ: デザインにて指定された場所にブックマークは作成されます。繰り返し出現する要素内部が指定された場合、繰り返し出現する各インスタンス要素内部にブックマークが作成されます。静的な名前が与えられた場合、これらブックマーク全てに同じ名前が与えられます。そのため繰り返し出現する要素に対しては、例えばコンテキストノード(ブックマークが作成されたノード)の子要素にあるコンテンツを選択するような動的な名前を指定することが望まれます。動的な方法により選択される複数のインスタンスノードに同じコンテンツが含まれる場合、generated-id() 関数により生成される名前により、ブックマーク名の一意性を保証することができます(以下のスクリーンショットを参照)。ブックマークの参照を行うには、同じ ID を ハイパーリンクhref 値として生成することができます。この場合、generate-id() 関数の前にフラグメント識別子の # を使用するようにしてください。XPath 条件式は concat('#', generate-id(nodeXXX)) となります。

 

 

ブックマークの修正

作成されたブックマークの名前は、ブックマークの編集ダイアログにて修正することができます。以下の操作によりダイアログへアクセスすることができます:

 

1.デザインにあるブックマークを選択します。

2.プロパティサイドバーのブックマークグループにあるブックマーク名プロパティの編集ボタンをクリックします(以下のスクリーンショットを参照)。上記のブックマークの挿入ダイアログと同じ機能を持ったブックマークの編集ダイアログが表示されます(上のスクリーンショットを参照)。

 

WinPropsAccessBookmarksDlg

 

3.ブックマークの編集ダイアログにて静的、動的、または静的ならびに動的タブにてブックマークの名前を編集してください。

 

ブックマークの削除

ブックマークを削除するには、デザイン上のブックマークが選択された状態で、Delete キーを押下してください。

 

 

 

(C) 2019 Altova GmbH