このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

メインテンプレートとグローバルテンプレートの両方で、デザイン内部の任意の場所に条件を挿入することができます。条件とは1つ以上の分岐から構成される SPS コンポーネントのことで、各分岐が XPath 条件式により定義されます。例えば、2つの分岐からなる条件を考えてみましょう。最初の条件分岐にある XPath 条件式により、コンテキストノード上にある Location 属性の値が "US" であるかがチェックされます。2番目の条件分岐にある XPath 条件式では、Location 属性の値が "EU" であるかがチェックされます。各分岐には、テンプレート(条件テンプレート)が含まれています。条件を伴うノードが処理され、結果が真となる最初の条件(条件テンプレート)が処理されます。条件内にある処理が終了すると、その他の分岐にある条件は評価されません。この機能を使用することで、ノードの値により異なるテンプレートを使用することが可能になります。ここで紹介した例では、US と EU という値により異なるテンプレートを使用することができます。

 

このセクションには、以下のトピックが含まれています:

 

条件のセットアップ: 条件と分岐の作成方法について記述されます。

条件の編集: 条件分岐が作成された後に、XPath 条件式を編集する方法について記述されます。

特定の出力に対する条件 : 条件を使用することで、異なる出力フォーマットに対して個別の出力を生成する方法について記述されます。

条件と自動計算 : 条件と自動計算を組み合わせて使用する際に注意すべき点について記述されます。

 

 

 

(C) 2019 Altova GmbH