Authentic における署名の検証

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  SPS ファイル: 追加機能 > XML 署名 >

Authentic における署名の検証

署名の検証は Authentic XML ドキュメントがリフレッシュ、または再ロードされた際に行われます。署名証明書の鍵情報が署名に付与されているか、署名のパスワードが SPS にて利用できる場合、認証情報により検証が直ちに行われます。認証情報が利用できない場合、その旨のメッセージが表示され、署名の検証を手動で行う必要があります。

 

手動による署名検証

署名されたドキュメントの署名を手動で検証するには、XML 署名ツールバーアイコン BtnXMLSignatures をクリックするか、メニューオプションから「Authentic | XML 署名」を選択してください。

 

認証情報が署名(証明書の鍵情報)または SPS (パスワード)に保存されている場合、そのまま検証処理が行われその結果が以下にあるスクリーンショットの様に表示されます。

 

XMLSigVerified

 

認証情報が利用できない場合、Authentic View ユーザーは、証明書またはパスワードを入力するように求められます。例えば以下のスクリーンショットでは、署名の検証を行うためにユーザーがパスワードを入力するように求められています。

 

XMLSigPwdPrompt

 

XML 署名ツールバーアイコン BtnXMLSignatures(または「Authentic | XML 署名」メニューコマンド)により検証処理を行うことができるのは署名が既になされているドキュメントだけで、ドキュメントが署名されていない場合、以下に示される検証失敗メッセージが表示されます。

 

XMLSigVerificationFailed

 

この場合、ドキュメントの署名を行うためのオプションが提示されます。

 

 

 

 


(C) 2019 Altova GmbH