このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

Authentic XML ドキュメントを署名するには2種類の方法があります:

 

Authentic XML ドキュメント保存時に自動的に署名を行う: SPS のデザイン時に XML 署名の構成 ダイアログ にて保存時に署名を自動的に行うオプションを有効にしてください。

XML 署名ダイアログにあるドキュメントの署名ボタンから手動で署名を行う: XML 署名ツールバーをクリック、または「Authentic | XML 署名」メニューコマンドからダイアログへアクセスすることができます。以下では手動で XML ドキュメントの署名を行う方法について説明します。

 

XMLSignatureSigning

 

Authentic XML ドキュメントを手動で署名する

SPS のデザイン時に指定することのできる、ドキュメントの保存時に自動的に署名を行う機能に加え、署名が Authentic View ユーザーにより手動で行われるよう指定することもできます。

 

署名を行う際に指定されている署名設定に従うかたちで署名が作成されます。証明書/パスワードの設定を除く全ての署名設定は、SPS デザイン時に XML 署名の構成ならびに XML 署名の構成XML 署名の設定 ダイアログにて行われます。証明書/パスワードの設定は SPS デザインにて行うことができるほか、Authentic View ユーザーの手でも行うことができます。以下のオプションが利用できます:

 

SPS のデザイン時に証明書/パスワードが指定されます。独自の証明書オプションを Authentic View ユーザーが指定することはできません。詳細については、以下にある SPS のみ を参照ください。

SPS のデザイン時に証明書/パスワードが指定されます。Authentic View ユーザーは独自の証明書オプションを使用することができます。詳細については、以下にある SPS + Authentic View ユーザー を参照ください。

 

SPS でのみ

SPS デザイン時に証明書/パスワードの指定が行われます。 XML 署名の構成 ダイアログにてこのオプションを無効にすることで、独自の証明書やパスワードの選択するオプションは Authentic View ユーザーに与えられなくなります。SPS にて指定された証明書/パスワードにより Authentic View ユーザーはドキュメントの署名を行うことになります。以下にある2つのケースが考えられます:

 

証明書が指定された場合、Authentic View ユーザーは指定された秘密鍵-公開鍵証明書へアクセスすることになります。証明書の秘密鍵が署名の生成に使用されます。

署名の設定でパスワードが指定された場合、署名の作成にはパスワードが直接使用されます。署名を行うのに Authentic View は必要ありません。

 

メモ:XML 署名の設定 ダイアログでは、証明書とパスワードのどちらかを認証のメソッドとして指定する必要があります。選択されたメソッドに対して値をセットする必要は無いという点に留意してください。例えば、パスワードオプションを選択した場合、パスワードをセットする必要は必ずしもありません。この場合、ドキュメントの署名を行う際に Authentic View ユーザーがパスワードをセットすることになります。同様に、証明書メソッドだけが選択され、証明書が選択されなかった場合、署名を生成するための証明書を Authentic View ユーザーが指定することになります。

 

SPS + Authentic View ユーザー

SPS デザイン時に証明書/パスワードが指定されます。 XML 署名の構成 ダイアログにてオプションを有効にすることで、Authentic View ユーザーが独自の証明書/パスワードを選択できるようになります。Authentic View ユーザーは SPS ファイルで指定された証明書/パスワード(デフォルトの証明書/パスワード)を使用することができるほか、独自の証明書/パスワードを使用することができます。SPS ファイルまたは XML ファイルが閉じられると、証明設定はデフォルトの証明書/パスワードに戻されます。

 

独自の証明書/パスワードを使用する場合、 Authentic View ユーザーは以下の操作を行う必要があります:

 

1.XML 署名ツールバーアイコンをクリック、または「Authentic | XML 署名」メニューコマンドをクリックして、XML 署名ダイアログを表示します(以下のスクリーンショットを参照)。

 

XMLSignatureSigning

 

2.独自の証明書または独自のパスワードボタンをクリックします。 XML 署名の設定ダイアログにて選択されたオプション(証明書またはパスワード)により、表示されるボタンが変化します。

3.証明書ファイルを選択するか、パスワードを入力します。

4.Authentic View ユーザーは(ドキュメントの署名をクリックして)そのままドキュメントを署名することができるほか、「OK」 をクリックして完了することができます。

 

「OK」 をクリックすると、ユーザー定義の証明書/パスワード設定がメモリ上に保存され、そのセッションにて使用されるようになります。

 

 

 

(C) 2019 Altova GmbH