XML 署名構成

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  SPS ファイル: 追加機能 > XML 署名 >

XML 署名構成

XML 署名の構成ダイアログでは、以下に示されるオプションを指定することができます(以下のスクリーンショットを参照)。

 

XML 署名の有効化 : このオプションのチェックボックスにチェックを入れることで、XML 署名が Authentic にてサポートされます。結果として、Authentic View ユーザーにより編集した Authentic XML ドキュメントの署名を行うことが可能になります。更に、ドキュメントが Authentic View にロードされた際に署名検証処理が実行されます。XML 署名サポートが無効になっている場合、Authentic にて署名を行うことはできず、XML ドキュメントに対して署名検証処理を行うこともできません。

 

ConfigureXMLSignatures

 

Authentic ユーザーに対して独自の署名書/パスワードを指定 : このオプションにより、Authentic View ユーザーは独自の証明書/パスワードを選択することができるようになります。このオプションが有効になっている場合、Authentic View ユーザーにより(XML 署名ダイアログにあるボタンを介して)独自の証明書/パスワードを選択することが可能になり、選択によりデフォルトの証明書/パスワードが置き換えられることになります(以下のスクリーンショットを参照)。SPS デザイナーによりこのオプションが無効にされた場合、署名に対して証明書/パスワードを指定するよう促されることになります。

 

XMLSignatureSigning

 

ロード時にメッセージを表示 : メッセージが表示される個々のオプションを選択します。ドキュメントがロードされる度に、そして選択された条件が満たされる場合にメッセージが表示されます。
保存時に署名を自動的に行う : このオプションがチェックされた場合、Authentic XML ドキュメントはドキュメントの保存時に自動的に署名されることになります。SPS デザイナーにより指定された証明書/パスワード、または(そのオプションが有効になっている場合)Authentic View ユーザーにより指定された証明書/パスワードが自動的に保存されます。

 

XML 署名設定の編集ボタンをクリックすることで、XML 署名設定ダイアログが表示され、デフォルトの証明書/パスワードの指定、署名の配置場所、変換処理などを指定することができます。

 

 

 

 


(C) 2019 Altova GmbH